FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

I.ボルトン:M.Haydn レクイエム HM.155  

時を置いて、ふと聴きたくなる曲があるが、F.J.ハイドンの弟、ミヒャエル・ハイドンのレクイエム HM.155もその一つ、今ではモーツァルトのK.626以上に頭に響いてくる; 
M.ハイドンのレクィエム(ジキスムント大司教葬送の為のミサ曲)はその後の多くのレクイエムの規範となったと言われるほど、確かに何度聴いても素晴らしい、
アイヴォー・ボルトンの指揮で、2004年ザルツブルク音楽祭のライヴ録音だがサウンドも良好、orchもChoirもやや編成は大きいようだが、清涼サウンドにボリュームを持たせている。
i b m hay reqm hay req
ミヒャエル・ハイドン: レクィエム c moll HM.155
イリーデ・マルティネス(S)、アンア・ボニタティバス(A)、
クリストフ・シュトレール(T)、ルチア・ピサローニ(Bs)
アイヴォー・ボルトン(指揮)、ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団
ザルツブルク・バッハ合唱団
2004年 ザルツブルク・モーツァルテウム大ホール(ザルツブルク音楽祭ライヴ録音)

同じ宗教作品でもモーツァルトや兄ハイドンの曲を聴く際には、つい歌唱パートや作曲技法の充実ぶりに耳を奪われるが、M.ハイドンの当曲などは純粋な精神性にまず惹かれる、冒頭楽章Requiem aeternamは重要、前奏および合唱が繰り返す短2度音程はぞくっとくるほど悲しみを表すが、一定したバスのリズムとtrp、timpが入れる力感が毅然として引き締める、
sc01_201903271141149b6.jpg
次のDies iraeがぐっと迫る、orchパートも魅力で声楽を支えている、完成度が高く最後まで集中力が緩むことはない、終曲でもRequiem aeternamが再現されるが、ここでは4人の独唱で始まる、そしてフーガ合唱のCum sanctis tuisも再現され華々しく閉じる、短調楽章はすべてピカルディ終止になっている。
M.ハイドンのレクィエムは過去にピリオド楽器による演奏も取り上げたが、ボルトンの演奏法もモダンorchのピリオドモードで同様に満足、こちらは十分なボリューム感をもって響くのが痛快、なおtrpほか金管、timpは古楽器を用いており、ドスっと短く鳴るtimpが引き締め、高音のtrpが透明で美しい。
you tubeにボルトン盤が挙っていた、
i b m hay req you
you tube:Michael Haydn - Requiem in C minor, MH 155 [Bolton, Mozarteum Orchester Saltzburg]
またyou tubeに長く挙っているこちらの演奏は映像効果抜群であるv
m hay req you 02
you tube:Michael Haydn Requiem C minor Finnish RSO, A Mustonen

ところで、M.ハイドンのレクイエム第8曲、Cum sanctis tuisとモーツァルトのヴェスペレK.339の第4曲、Laudate pueriは同様のフーガで主題も近似している。
cum sactis
Michael Haydn - Requiem in C minor, MH 155
you tube:
Cum sanctis tuis

Mozart:ヴェスペレ ハ長調 K.339より Laudate pueri
moz ve
Mozart: Vesperae Solennes De Confessore, K 339
you tube:
Laudate pueri
モーツァルト父子とM.ハイドンはザルツブルク大司教に仕えた同僚で、いろいろ共通点が現われても不思議はないだろう。

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村
関連記事

category: M.ハイドン

tb: 0   cm: 2

コメント

こんばんは。

知らない曲でした。聞いてみると,記事に書かれているとおり,繋留音が解決しながら進んでいく様は,ペルゴレージのスターバト・マーテルを連想させて,とても心惹かれる響きでした。まだまだ知らない音楽の中には魅力的なものがたくさんあるんだろうなと思います。ありがとうございました。

リキ #KLtzAfy. | URL
2019/03/27 21:51 | edit

リキさん こんばんは

記事にした甲斐がありました、ありがとうございます。
この曲を何で知ったか忘れましたが;知らない傑作を探すのも楽しみになっています。
M.ハイドンがわずか1歳の子を亡くした後に書かれたとのことです、兄ハイドンも宗教曲は弟のほうが上手だと言っていた、とも聞きます。

michael #xNtCea2Y | URL
2019/03/28 02:05 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/2184-bb80e2ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック