FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

スメタナSQ:Schubert SQ 「死と乙女」(LP)  

忘れた頃、ふと聴きたくなる曲、今日はこれ、
スメタナ弦楽四重奏団のシューベルト、弦楽四重奏曲第14番ニ短調「死と乙女」、ライヴだが、いつものPCM好録音。 
s sq sch lp
岐阜市民会館 1978年、DENON
20190406.jpg
録音は左右チャンネルいっぱいに拡がらず、広いステージの中央に集まった感じが実在的だ。
昔、弦楽四重奏という地味そうな楽曲に親しむきっかけとなったのがシューベルトの「死と乙女」で、圧倒する力と優美さも備え、交響曲さえ凌ぐ充実感に思えた、ハイドンのSQなど聴いたのはもっと後になる。
スメタナSQは強調しすぎることなく端正に引き締め、作品そのものを純度高く聴かせるようでこれがいい、
第一楽章は運命的動機があり休符を置く、[41]で再び現われたあとはvn1~vaの接続の力が緊迫を増し、ゾクゾク来る、続くvcも、ここだけで最初、嵌まってしまった。
sc01_20190406092900a94.jpg
sc03_2019040609290143b.jpg
第二主題はおだやかに対比を作る、展開部も深い充実感、コーダでは一度活力を見せ、沈むように終わる。
第二楽章はシューベルトの歌曲「死と乙女」の伴奏を主題とした6つ変奏、変奏曲というのは作曲家のセンスやインスピレーションの見せ場の一つと思う、退屈な曲もあったりするが;ここはシューベルトの非凡さが引きつけていく、旋律的な変奏のみならず、対位法的な奥行きも加え、あくまでロマン派音楽だが、パッサカリア的な吸引力も感じる。
スケルツォは短いが切分音の主題が多声的に絡み、充実した楽章だ、
終楽章はやや怪しげな主題、タランテラ風の意外なリズムを持つロンド・ソナタ形式のプレストで、この楽章も切れ味をもち、多声的な聴きどころも十分、vaやvcの活躍も凄みを持って迫ってくる。

なお、弦楽合奏による演奏もよくあるが、各パート1人のSQのほうが集中力があると思う。
相変わらずDENON盤はyou tubeに少なく、当演奏もなかった、ベルチャ弦楽四重奏団の白熱した演奏を挙げる、
sch sq you
you tube:Schubert: String Quartet No. 14 in D Minor, D. 810 "Death and the Maiden"- Belcea Quartet

ご覧いただき ありがとうございました。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

category: シューベルト

tb: 0   cm: 4

コメント

こんばんは。

久しぶりにシューベルトの「死と乙女」を聞きました。
高校1年生のときに、未完成交響曲(当時は8番)を聞き、クラシック音楽とはなんと素晴らしいものだと思ったものでした。
その後、ピアノ五重奏曲「ます」や歌曲集「美しき水車小屋の娘」を聞いて、すっかりシューベルトに魅せられるようになりました。
それ以降もたくさんシューベルトの音楽を聴いてきました。
シューベルトと私とは、相性がいいようです。

yamashiro94 #- | URL
2019/04/06 18:20 | edit

こんばんは。

PCM録音のレコードはいいものが多いですね。
あまり評価は高くなかったようですが,徳に室内楽では,好きな盤がたくさんあります。
スメタナのシリーズもすばらしいですね。
「合奏より四重奏の方が終始注力が高く聞こえる」── 大賛成です。

リキ #KLtzAfy. | URL
2019/04/06 22:31 | edit

yamashiroさん こんばんは

シューベルトが書く旋律って甘美に過ぎず純朴な感じで、和声の移ろいも好きですね、「美しき水車小屋の娘」、これも何度も聴きました。
またしばらくぶりに「未完成」も聴きたくなりました。

michael #xNtCea2Y | URL
2019/04/07 00:27 | edit

リキさん こんばんは

PCM録音は鮮明だし、音質もナチュラルで申し分ないですね、
レコードの中古セールがあると、DENON PCMにとにかく注目してしまいます^^
近々名古屋でレコードonlyの合同セールがあるので、良い盤を探したいです。

michael #xNtCea2Y | URL
2019/04/07 00:36 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/2194-a63a5194
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック