FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

O.スウィトナー:Schubert Sym No.8「未完成」(LP)  

シューベルトのSym「未完成」で演奏、録音ともに一番好きなのがこれ、
清涼サウンドのO.スウィトナー指揮、SKBの録音、 
sui sch s8 lp01
オットマール・スウィトナー指揮
シュターツカペレ・ベルリン 
1983 D.Schallplatten

録音時はとうにCD時代、同録音がDENONのPCMからも出ているが、D.SchallplattenのETERNAレーベルから出たDMMカッテイングのLP(独盤)というのが面白い(DENONのカッティングは別の方式のはず)、さすが手持ちのLPでは最高レベルのサウンドだ。
sui sch s8 lp
ベームもカラヤンも重厚な演奏を聴かせるが、スウィトナーの重すぎないorchバランスが良い、オペラではなくドイツリートの感覚というか、シューベルトに相応しく思える。
第1楽章、テンポは遅すぎず、開始部分は極端に弱奏ではない豊かな低音、vn群の涼音が始まり、[13]からはobとclが同音でミックスされ、新たな管楽器のように聴かせる効果だ、
sc01 12
こうした木管の味わいもよく聴ける、
ぞくぞく引き付けるのが[67]からの弦のトレモロ、まさに楽譜どおりと言えるが、fzからぐっと弱奏に押さえ、再びじわじわとfzに持っていく効果が深く引き付ける、
sc01 67
展開部の総奏はtrombを含むブラスの豪快さとtimpの引き締めがしっかり効いて、心地よい響きで整える。
sc01 182
第2楽章、始まりの弦がじつにきめ細かい、短調に入ると第1楽章と同様、心地よい総奏で魅了する、
you tubeに珍しく?当録音があった、
sui sch s8 you
you tube:Schubert - Otmar Suitner (1983) Symphony № 8 h moll D 759 ≪Unfinished≫

PS.昔の日本家屋は土壁で天井板の間からも隙間風があった、室内にも砂埃が入りレコード盤に付着、静電気がしっかり除去できるスプレーもなかった、「未完成」の始まりはノイズで聴き辛いという記憶が強い;
ご覧いただき ありがとうございました。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

category: シューベルト

tb: 0   cm: 2

コメント

こんばんは。

エテルナの肌色レーベルは音がいいですよね。ぼくもだいぶ集めましたが,音はよくても演奏はイマイチのものもありました。でも,この未完成は保存版です。

ぼくはずっとエアチェックしたカセットテープで音楽を聞いていたので,やはり,未完成の冒頭は聞こえず,ヴァイオリンの刻みから曲が始まるものだと思っていました(笑)

リキ #KLtzAfy. | URL
2019/04/10 20:07 | edit

リキさん こんばんは

DENONのPCMにしても、すべて興味が湧くというわけじゃありませんね;
良い演奏が細か~いところまで、不満なく聴けるのがいいです。

放送をカセットテープへ、というと最弱音はたしかに聴き辛いですね;
その頃はVHSビデオデッキの音声機能を使ってエアチェックしていました、
6時間分録りためて気に入ったのをカセットテープに移しました。

michael #xNtCea2Y | URL
2019/04/11 22:18 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/2198-a68df6ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック