FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

ニ八蕎麦  

落語ではちょいと知恵を拝借したヌケた人物が生半可に真似をして大ドジを踏む、ってぇのはもうじつによくある話で、
東京の「時蕎麦」の筋書きも、ある男が1人、屋台の蕎麦屋で調子よく世辞を言いながら蕎麦を食い、銭を払うときに一文ごまかす、この一部始終を別の男が影で見ていて、何を喋ったかも全部憶えている、そのヒマっぷりがそもそも可笑しい、翌日、真似をして全部裏目にでる。 
まず、柳家小さんのベーシックな噺をじっくり、
kosan you
you tube:柳家小さん(五代目)時そば(時蕎麦)

大阪の「時うどん」は十六文のうどんをごまかして十五文で食う算段は同じ、違うのは男二人で行くところ、一杯のうどんを順に分けあうが、後で食うヌケてるもう一人が「残せ」と袖を引っ張る・・翌日、このヌケた方が一人で出かけ真似をするが、後ろで引っ張るやつがいるところまで再現するアホさがいい、
桂枝雀の普通は笑わんとこまで十分笑わす一席、
shijaku you
you tube:桂枝雀の世界 08 時うどん 平成4年

春風亭昇太はこの大阪バージョンを「時蕎麦」に移してやっている、落語のテンポや押しが桂枝雀に似ているせいか、これがハマっている、
syota you
you tube:春風亭昇太「時そば」

江戸の蕎麦は一杯一六文が決まりで、「ニ八蕎麦」という、時代劇にも登場するが、以前は単なる屋号かと勘違いしていた^^;つなぎの小麦粉が2、蕎麦粉が8、の割合で作られたからという説と、2×8で16文だからという説があり、落語家は枕のところで説明をしたりする、
そんなわけで二八割合の蕎麦(乾麺)が届いた、試食の感想はあらためて;
nihachisoba_20190427002155e2c.jpg
箱の中に一束ずつプチプチ袋に入れてあって念入り、この袋、CDにぴったりサイズv
hukuro.jpg

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

category: 落語

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/2213-d7a15f76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック