FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

ガン(眼)の飛ばし合い  

「土俵人生に一片の悔いなし」と言って初場所で引退を決めた稀勢の里(現・荒磯親方)、
rao 02
横綱在位は短かったが、残した記録で光るのが幕内通算勝星だろう、大関時代にかなり実績を積み上げている、
makuuchi syorisu
大鵬に続く単独6位で、この下には名横綱だった人もかなりいる、

2013年のこの一番いいなあ^^いつも白鵬の連勝を止めてきた稀勢の里は白鵬キラーと呼ばれ、自信もあっただろう、互いにガン飛ばせば受けて立つ、「今日もやったるぞ」、「そうはさせん」と無言のセリフが聞こえてきそう、この二人だけに自然と湧いてくる闘志だろう、対戦はすでに始まっていて館内は盛り上がる、行司がしびれを切らし、蹲踞を促す;
haku kise
you tube:白鵬vs稀勢の里 激しい睨み合い 2013/11/23
結果、稀勢の里が上手投げで白鵬の連勝を止めた、当時白鵬にこんな勝ち方ができるのは稀勢の里だけ、と言われた。
今後の力士の間でもこんな場面が見られるだろうか、生で見てみたいものだ。
稀勢の里は自分にとって大事なときに負け、こんなときはやたら強いとも言われ続けた^^;
土俵入りの化粧まわしで稀勢の里は「北斗の拳」のラオウを描いたのをつけていた、(別の化粧まわしのときもあったが)
rao 01
ケンシロウみたいに器用でも素早いでもなく、力で行く武骨さはイメージ合う^^
因みに太刀持ちの高安がケンシロウ、露払いの松鳳山がトキの化粧まわしだった。
引退後も部屋力士の稽古をつけているそうで、2月には現役の高安と20番取って、12勝8敗と優勢、引退してからが強いとか^^こういうところが引き付ける魅力だった、

さて、昨日の栃ノ心、左のまわし取ってから引き付けの強いこと、こうなるともう一方的、御嶽海を一気に寄り切り、
tochi mitake
you tube:【大相撲夏場所2019】御嶽海‐‐栃ノ心
大関復帰にあと1番、まさか残り全部負けるなんてことないだろう、

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

category: 時事・雑記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/2240-ff132837
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック