FC2ブログ

Michael: Classic音楽,リュート,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

O.スウィトナー:Brahms Sym No.4 (セッション & ライヴ)  

O.スウィトナーのブラームスも何度か取り上げてきたが、交響曲No.4はSKBを指揮した、セッションとライヴ録音が手元にあり、楽しみなセットになっている、スウィトナーは隅から隅まで型どおり仕上げるというより、自然に芽吹き、湧き上がる美しさを促すような演奏に思う、セッションとライヴを聴き比べてもそんな柔軟性を感じる、 
sui br s 4sui br s 4 live
ブラームス 交響曲No.4 ホ短調
オットマール・スウィトナー指揮、シュターツカペレ・ベルリン
左:1986年 セッション録音 D.シャルプラッテン、 右:1981年6月8日 ライヴ録音(東京厚生年金会館)

セッションのほうは録音会場の音場感豊かでD.シャルプラッテンらしい名録音だ、豊かな低音、彩り感十分のhornや木管、清涼なvn群、ピラミッド・バランスで、スピーカーシステムが良ければそれに応える音源だ。
ライヴのほうはホールトーンが殆どなく、orchに接近した分離のよい音で別の意味で好録音、SKBサウンドの聞こえ方の違いも興味深い、

第1楽章は意気込まずさらりと開始、展開部以降、熱気を込める、ライヴのtimpは爆音的だ、
第2楽章は管が主体で始まるが、その天然な味わいが良い、[88]からの弦楽は清涼で深みがあり、慈味を帯びていて、ライヴのほうは極めつけと言える、
sc02 87
第3楽章は速めのテンポでキビキビ引き付けていくが、ライヴのほうはさらに速く、強調された感じである。
第4楽章、演奏の基盤はセッションも同じだが、終楽章は特にライブのエネルギー感が圧倒する、パッサカリアの開始はゆっくりめ、じりじりと懐深く進め、穏やかな中間部を経て、[129]から速度を速める、[132]からのffが凄い、
sc04 126
以降、緊迫感のうちに最後まで運び、終結音もスパっと短く切る、

幸い、両録音がyou tubeに挙っている、
sui br s 4 you
you tube:スイトナー指揮ブラームス交響曲第4番(セッション)

sui br s 4 you 02
you tube:Brahms Symphony No. 4 - Suitner, Staatskapelle Berlin (ライヴ, 1981)

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

category: ブラームス

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/2257-9e5f6bc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック