FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

夏の服地  

5月は寒暖の差が激しかったが、令和最初の夏、6月は全般に暑いらしい、7月以後はエルニーニョ現象で、若干は冷夏になるかも?という予想、去年の暑さにはまいったし、たまには猛暑じゃない夏を切望する;; 
kishocho_20190609092143bdf.jpg
気象庁

衣類に拘るわけではないが、着心地が快適で色柄も無難、というのがあれば、他のはまったく着なくなり、クローゼットに溜まったものは思い切って捨てたほうがすっきりする、8割方か;
たかがTシャツでも無駄な物は買いたくない、合繊だけで出来た伸縮の柔らかいのに多いが、数回洗うと細かい毛玉だらけになるのがあって肌触りも不快、
綿ベースで汗を吸う生地が良いが、綿100%より、ポリエステル混じりのほうが吸いやすいと聞く、そこで2種試すことにした、
cotton 100
綿100%、胴の脇に縫い合せがない(丸編み)
*丸編みとは生地を円筒状に繋げて編む方法で、靴下には欠かせない、下着シャツの胴もこの編み方が多い、

cotton 70
綿70%、ポリエステル30% 胴の縫い合せあり
良さそうなのをサンプルで1、2枚取り寄せて品定め、良ければ色違いで追加する、あとはタグが取れればいい;のんびりしてると良い品は売り切れ、再入荷はない、
同じ製品の色違いで、特に「黒」は染料のせいか手触りが少し硬いことがある。

このデニムは同シリーズの色違いで、値段も同じ、ストレッチ生地なのだが、
G G USA
Made in USA
左の生地はゴムみたいにビョンと伸びて、サッと戻る感じ、これでも良いのだが、
右はしんなりと伸びて、ゆるりと戻り、しっとり感触、当然、右が快適で上質な感じ、生地の製造元が違うのか、織り方が違うのか、色違いで品質が変わるのはよくある。
アメリカ製はウエストに対し、ヒップや太ももの比率が大きい気がする;その分ゆったりするが、生地の質や染め色、縫い仕上げは良い。
東南アジア製は体型が合い^^低価格なのが助かる、高級感は譲るが、まあ普通、生地や仕上げも特に難はない、
Made in China Vietnam
Made in China & Vietnam
製造国は違うが、発注者が同じか、外形デザイン、各部の寸法は同じ型のようだ、

地元の大型スーパーにも衣服のテナントが多く入っているが、歩きまわっても、これはという品がない、衣料チェーン店も同様、結局通販のほうが選択肢が広い、寸法も大方希望どおり選べる、もし大きかったら詰め縫いするのにも慣れた^^;
hasami.jpg
しかし、あまりにみんな着ているブランドって避けたくなる;

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

category: 時事・雑記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/2258-5a4fc4e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック