FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

阿川泰子:「ALL RIGHT WITH ME」(LP)  

さて、届いたばかりの阿川泰子10枚目のアルバムでトミー・フラナガン・トリオと共演した「ALL RIGHT WITH ME」、またも「見本盤」に当った、状態からして無垢盤のようだv 
agawa lpagawa lp mihon
このアルバムが出たのが1985年で音源はデジタル、CDもすっかり普及していた頃、LP盤も出ていたのね、ファン層にアナログおじさんが多かったせいか?^^;
収録曲
001_20190621110714543.jpg
しかし、これはレコード盤を廻すのが合う^^
agawa lp 3

ジャズ・ボーカルというと、ハスキーだったり個性的な声で、アドリブもこなす熟練歌手というイメージだが、このアルバムの1曲目、「IT'S ALL RIGHT WITH ME」を検索してもじつに多くの歌手が個性を活かしたアレンジで歌っている、
natumi you
you tube:It's All Right With Me - 夏実泰代/Yasuyo Natsumi
ほか、ここで様々聴ける、
you tube:IT'S ALL RIGHT WITH ME

阿川泰子はプレーンな美声で、オーバーな表出を控え、落ち着いたムードで味わいを出すのが個性というか、ここが他にはない好まれるところかも、大きなバックバンドより、トリオと組んだこのアルバムが本領発揮に思える、
ボーカルが出張ることなく伴奏としっくり寄り添っている、トップミュージシャンのトミー・フラナガン・トリオと河東伸夫のtrpが一部加わり、彼らの達演も間奏部分で堪能できる、左からはフラナガンのPianoが明確に立ち上がり、A.テーラーのDouble baseがチャンネル一杯に深く拡がる、オーディオ的楽しみも十分、持っていて損はない逸品だ。
you tubeに挙っているのは1曲目の「IT'S ALL RIGHT WITH ME」のみ、
agawa a r you
you tube:阿川泰子 It's alright with me
最後の「GOOD-BYE」は憂いを帯びた良い曲で、CMで多くの人が耳にしたと思う、
you tube:【懐かしCM】三田工業 CM集

番組のエンディングで歌っていたスタンダード集、
osyare 50 50 you
you tube:おしゃれ30・30 (*リンク誤り、訂正済)

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

category: 歌謡・ポップス・etc

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/2270-8d922035
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック