FC2ブログ

Micha: Classic音楽・Lute・宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学の話など

モーツァルト:pf Con No.24,あれこれ  

作曲家はどのような手順で作曲を進めたのだろうか、というのも興味深い、見やすく印刷された出版譜を見てもそれはわからないが、最初の草稿が見られると、それが推察できそうだ、 
今日はモーツァルトのpf協奏曲No.24の草稿を見ながらいくつかの演奏を拾い聴きしてみた、
ハ短調のNo.24(K491)はorchも当時のフル編成で、orch部分は短調作品として、Sym No.40さえ凌ぐような魅力がある、
モーツァルトは生涯に音符のオタマジャクシを何個書いたことか、天文学的数になりそうだが;pf協奏曲などorchパートに加えpfの音数も多くて書くのが大変、いくつもパターンが浮かび、即決められない、とりあえず骨子となる音だけ書いて、上段を空けておき、入念に気に入るパッセージにまとめた・・ように見える、
k491 sc 03 18
K.491 終楽章[18]~
気の済むまで書き直したような所もある、
k491 sc 03 43
K491 終楽章[43]~
これでも完全とはいかず、実演の際にはさらに湧いてきたアイデアを即興で弾いたであろうと想像する。pf協奏曲だけでも大変な労力に思えるが、オペラ、宗教曲など同時期に多くの仕事をこなし働き過ぎ?命を縮めても不思議はない気がする;

現代の演奏を聴くと、草稿にはなかった装飾的パッセージが加わっている、後にそういう版が作られたのかと思うが、奏者によるものかもしれない。
まずはピリオド楽器、
マルコム・ビルソン:fp、ジョン・.エリオット・ガーディナー指揮、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
bil moz pf con 24
1988年録音 ARCHIV
フォルテピアノは軽やかな響きだが、粒立ちよく転がり、まさにこの楽器のための曲だと感じる、orchがひじょうにダイナミックでシンフォニックな楽しみも十分聴かせる。
k491 you 02
you tube:Mozart: piano concerto no. 24 in C minor, K 491. Bilson, Gardiner, English Baroque Soloists

次に古い録音だが、
ウィルヘルム・ケンプ:pf、フェルディナント・ライトナー指揮、バンベルクSO
W K moz pf con 24
1960年録音 DG
こちらは低音部ががっちり押し出してくる、pfもorchも甘い感覚には陥らず、堂々として、この曲のエネルギッシュな魅力が出ている、
k491 you 03
you tube:KEMPFF, Mozart Piano Concerto No.24 in C minor, K.491

最後に新しいところをyou tubeで見つけた、
Iryna Krasnovska (pf), Giuliano Betta (指揮)
orchの前奏から新時代を感じさせる、pfソロは心地よい装飾が加えられる、活気溢れる終楽章が良いのだが、途中で切れて続きが挙げてある;
k491 you 01
you tube:Mozart. Konzert c-Moll. Iryna Krasnovska (Klavier) Teil 1
(続き):Teil 2, Debussy L'Isle joyeuse
このカメラワークはわからない;

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

category: W.A.モーツァルト

tb: 0   cm: 4

コメント

こんばんは。

モーツアルトの楽譜、興味深く見ました。
モーツアルトでも、こんなに推敲を重ねているのかと、驚きました。
ハ短調のNo.24はケンプのを聞いてみました。
若い頃、ケンプの演奏をよくを聞いていたからです。
私のお気に入りは第2楽章。
以前からこの楽章はたびたび聞いていました。

yamashiro94 #- | URL
2019/07/12 17:30 | edit

こんばんは。

このハ短調は,モーツァルトの協奏曲の中で一番好きです。
木管楽器の使い方も最高に美しいです。

ところで,自筆譜というのはネット上でもけっこう見られるものなのでしょうか。
専門のサイトがあるんですか?

リキ #- | URL
2019/07/12 20:28 | edit

yamashiroさん こんばんは

>草稿
曲をもっと良くしたいという意欲に急き立てられているようにも感じます。

モーツァルトのpf協奏曲の20番代は傑作揃いですが、第2楽章はチャームポイントになっていますね、簡潔で美しい歌曲風のテーマが耳に残ります。
No.24は第一楽章の激動感もいいですね、ロマン派に踏み込んだようで、

michael #xNtCea2Y | URL
2019/07/12 21:31 | edit

リキさん こんばんは

No.24は本当に好きな曲でpf協奏曲ではまずこれですかね、木管群のアンサンブルとピアノが掛け合うところ、うまく出来ていますね、

楽譜は「IMSLP」で検索して、最初に出るサイトです、
作曲家の名前を入れるか、「K.491」など作曲家固有の作品番号でもヒットします、関連の一覧ページが出たら、一番上でいいです、曲によっては手稿譜(Manuscript)が出ていることがあります。

michael #xNtCea2Y | URL
2019/07/12 21:36 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/2291-670765a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック