FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

モーツァルト:Sym No.36「リンツ」, あれこれ  

"あれこれ"が癖になってしまった;
モーツァルトのSym No.36 ハ長調「リンツ」については、前にも同じような事を書いたが、モーツァルトがリンツに到着したのは、1783年の10月30日、当地のトゥーン・ホーエンシュタイン伯爵の依頼により、新作の交響曲を書くことになった、その演奏会が開かれたのは11月4日だった、日付が正しいなら到着翌日から数えて5日目に演奏されたことになる、またモーツァルトは4日間で書いたと伝わる、写譜屋の使いが書き上がったページから預かっていき、手分けしてorchのパート譜を書いたとすれば間に合うかもしれない、しかし原稿が書き上がったのは11月3日になる、写譜も同日完了したとして、11月4日の午前中までにはorchリハーサルをやって夕方には本番、というタイムスケジュールになるか?orchには当然初めての曲、これはorch経験のある方でないと実感的にわからない^^;
しかしこのSym No.36というのはモーツァルトにとって新タイプの曲で、ハイドンの作法を研究した内容が含まれている(第1楽章に初めて序奏を置いた、主部は行進曲風の歩みで、弱奏とダイナミズムの対比が効果的に書かれる、緩叙楽章で、trpとtimpが初めて使われた)、そういう転機とも言える作品を急場しのぎの際に速筆で書くだろうかという疑問が湧く、orchの楽器編成はtrp、timpまでありながらflがなく、木管はob属だけで彩り的にやや乏しい、そこは現場合わせらしく思えるが、
当時の楽譜を探してみたら、写譜屋が書いたと思われる、きっちり読みやすいパート譜はあった、orchの実用譜のようだ、初演時のものかわからないが;
moz s36 manu
vn1:パート譜
写譜屋に渡した原稿があれば何か見えてくるかもしれない。

こういう急な間に合わせ演奏会というのは他にもあったようで、モーツァルトのSym No.37(K.444)というのは旅先で、ミヒャエル・ハイドンのSym No.25(ト長調)の総譜をたまたま持ち合わせていて、それにモーツァルトが序奏を加筆して演奏したそうだ。
参考:モーツァルト Sym No.37(Original:M.ハイドン)
moz sym37 you
you tube:W. A. Mozart - KV 444 (425a) - Symphony No. 37 in G major (Michael Haydn)
また、出来上がっていたミサ曲ハ短調 K.427の歌詞を入れ替えて他作品(カンタータ 「悔悟するダヴィデ」 K.469)に転用している、未発表の曲ではないのがバレて、ミサ曲の依頼主に作曲料を値切られたらしい。
参考:カンタータ 「悔悟するダヴィデ」 K.469
K 469 you
you tube:W. A. Mozart - KV 469 - Davidde penitente

さて、Sym No.36の好きな演奏で、O.スウィトナー指揮、シュターツカペレ・ドレスデン
sui moz s36
1966年 ルカ教会 D.シャルプラッテン原盤
しっかりとした低域に清涼な高域、各パートの分離もよく、ルカ教会のよい響きも捉えている、メヌエットは高貴な雰囲気を湛える、
sui moz s36 you
you tube:Symphony No. 36 in C Major, K. 425 "Linzer":
I. Adagio - Allegro spiritoso II. Andante
III. Menuetto IV. Presto

「リンツ」と「プラハ」を収録した、N響とはたぶん唯一のセッションになるLPがあリ、録音はDENONらしく鮮明なのだが、
sui moz s36 lp
オットマール・スウィトナー指揮、NHK交響楽団
1979年 DENON

会場(荒川区民会館)の響きが残念で、どこにでもある多目的ホールのようだが、そのままの感じで、cb、fag、timpなど低域の楽器がモコモコ混ざり合って分離感がない、いつもFM放送で聴いた国内公演のライヴ収録に似ている;

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

category: W.A.モーツァルト

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/2292-abe762bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック