FC2ブログ

Micha: Classic音楽・Lute・宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学の話など

J.ヘルト:S.L.Weiss 初期作品集  

ちょっとマニアックかもしれないが、最近知ったリュート奏者、ヨアヒム・ヘルトによるS.L.ヴァイスの初期作品のアルバムが届いた、録音はガット弦に思えるが、ブリッジに近い側を弾く人のようで、弱音では指が弦をかするような音が目立って聞こえる。
j held
Joachim Held
シルヴィウス・レオポツト・ヴァイス(1687-1750)は父にluteの手ほどきをうけ、若い頃にはイタリアに滞在し、明朗なイタリア音楽の影響を受けた、一方d-moll調弦のバロックlute音楽はフランスで発展を見せたが、こちらは深くデリケートな音楽である、各国の流儀を身につけたヴァイスはバロック期のlute音楽の集大成をした人とも言える、当盤はイタリア色の強い初期作品を集めている、luteは11コースで対応できる。
j h weiss
(1)幻想曲とフーガ ニ長調「Weiss a Rome」
(2)組曲 イ長調 SW 44
(3)組曲 ニ短調 SW 61
(4)ソナタ ハ短調 SW 7
(5)幻想曲 ニ短調
(6)組曲 ヘ長調 SW 1
2017年1月22-25日/エァレーザー教会(ヴァーレンドルフ) Hanssller

リュートに親しんでいる人にはオーセンティックな味わいというところ。
(4)のハ短調ソナタはドレスデン:Manuscriptにも含まれる曲で深みがあって良い曲だが、初期作品だったとは意外、you tubeはこれを挙げる、
j h weiss you
you tube:Lute Sonata in C Minor, Weiss SW7:
I. Allemande II. Courante III. Gavotte
IV. Sarabande VI. Gigue
weiss d m
Allemande

さて話かわって、これまで多弦ギターが様々登場し、G.セルシェルが使ってお馴染みの11弦ギター(調弦法はルネサンスluteと同じ)でバロック作品にも対応していたが、いかんせんバロックluteとは調弦が異なり、結局、編曲作業は避けられない; いっそバロックluteのd-moll調弦にしてしまえば編曲要らずということで、国内でも一時?そういうギターが出回った、しかし外観は11弦ギターをモデルにしたようで、良いスタイルとは言い難かった、19世紀に登場した多弦ギターもモノごっつい感じ;
11 13 guitar
開放弦しか弾かない低音部に指板は不要、その後、理に叶った姿の楽器が登場したようだ、
ジャーマンテオルボをモデルにしたような姿で、ネックも軽くなる、
この楽器は弦はすべてシングル、バス弦のテンションは緩めと思われる、
13c guitar 01 you
you tube:Sylvius Leopold Weiss Allemande SW 49
こちらは6コース以下をオクターブに張るタイプ、①~⑤弦はギターらしい美音で奏で、低音部にはリュートの利点を持たせるというアイデアだろう、
13c guitar 02 you
you tube:Sylvius Leopold Weiss, Allemande d-moll (Sonata no.35, Dresden Manuscript), Guitar: Mauro Zanatta
響きからしてどちらもわるくない、ヴァイス等の作品を苦心して6弦、11弦ギターに編曲する手間より、タブラチュアに馴れてしまうほうがずっと楽だと思うし;d-moll調弦の上に出来た音楽が活きてくる、バッハにも有用だろう。

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

category: S.L.ヴァイス

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/2294-da4a0f3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック