FC2ブログ

Micha: Classic音楽・Lute・宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学の話など

ポジションマーク  

昨夜は前線と台風の影響でかなり蒸し蒸しした、人間の体で最も酸素消費量が多いのは脳だそうで、確かに集中して頭を使うだけで汗が出る、じっとしていれば汗をかかなくても、面倒なリュートの調弦をすると汗がじわっと出る;手の筋力は大したことないが、頭の集中でエネルギーを使う気がする;よって調弦と弾く間、冷房は少し強めにする、 
kisyocho_201907180944117bf.jpg
気象庁 7月18日 6:00

さて、エレキやフォークギターにはポジションマークが指板の上に付くことが多いが、光沢のある貝殻等が使われ装飾も兼ねているようだ、
e g position
19世紀ギターにも同じように付いた楽器があり、その流れかもしれない、19世紀のシュタウファー・モデルのヘッド(糸巻き部)はエレキギターに引き継がれているらしい、
Stauffer.jpg
19世紀 シュタウファー・モデル
ブリッジにピンで弦を止める方式はフォークギターにも残る。
lacote folk
左:19世紀 ラコート・モデル、右:フォークギター
現在主流のクラシックギターの原形はフランシスコ・タレガが使った、アントニオ・デ・トーレスが開発した楽器で、それまでの19世紀ギターとは分岐したスパニッシュ・ギターとも呼ばれ、サイズが大きく、音量を求めた構造だ、これはポジションマークは無いのが基本、初心者向けに指板の側面に小さなマークを入れたものがあり、上級器になると無しというのが慣例化していた;しかし、何か印を貼る人もいる、
tarrega.jpgguitar position
Francisco Tárrega(1852-1909)

ギターを始めた頃に、マーク無しの楽器を譲ってもらい、その後も無しの楽器でずっとやり続けたせいか、たまにマーク有りの楽器を持つとそれが邪魔になる、マーク無しで「ここだ」と見当を付けていた習慣を惑わすのである・・^^?
リュートには付かないものだと思うが、うちの楽器2つに付いていた、これは黒のマーカーで目立たなくしている;
Position mark
もしマークが欲しければフレットにちょっと色塗りすればよい、

ピアノの場合、黒鍵の並びが目印となるが、プロは目をつぶっても目標の鍵に命中するから凄い^^;
ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

category: Instruments

tb: 0   cm: 2

コメント

こんばんは。
ポジションマーク付きのリュートは見たことないですねえ。
自分でシール貼ったりしてるのは見たことあります。

バロックギターはたいてい11フレット接続で紛らわしいので、
7フレあたりにシールを貼っているプロを知ってます。




リュートの奇士 #nLnvUwLc | URL
2019/07/18 23:15 | edit

奇士さん こんばんは

バロックギターはボディだけオリジナルサイズで弦長だけ短くしたもの、
全体にサイズを縮めたもの・・いろいろあるようで、
個々にネック付け根のポジションが違って紛らわしいですね;

michael #xNtCea2Y | URL
2019/07/18 23:39 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/2297-36269b8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック