FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

今夜は花火大会  

規模の大きな花火大会で地元に一番近いのは木曽川の犬山城付近で行なう日本ライン夏まつり納涼花火大会で、今年、第40回になる、この頃は音だけ聞いて見に行かないが; 
hanabi 03
日本ライン夏まつり納涼花火大会
小雨決行で、過去には凄く霧の濃いときがあって、花火本体は殆ど見えず、霧の中でモヤっと灯りがともる感じだったり^^;また風が強く、流れ花火、そんなときもあった;風がまったくないと、前の花火の煙が立ち込め、次の花火がくっきり見えないので程よく風はあったほうがよい。
現代では化学物質やマグネシウムを使って、色鮮やかで輝度も高い花火が楽しめる、
hanabi 07
色とりどりな花火を見たあとに真っ白な大玉が上がると一段と見映えがする、白こそがダイヤモンドのように最も高貴に感じる、
hanabi 02
花火の技術は江戸時代から受け継がれているが、打ち上げ花火は戦国時代の狼煙の打ち上げが基礎になっていて武家花火と呼ばれ、低い位置の仕掛け花火は町人花火とされる、当時は色彩を放つ化学物質はなかったので、花火の色は炭火のような"橙色"のみ、温度が低ければ赤っぽく、高ければ白に近くなる、くらいでM.プランクの黒体放射の法則に従った発色だったと思われる、浮世絵にも納涼花火の図が多く描かれている、
ukiyoe 01
ukiyoe 02
各地の花火大会でも、江戸時代の花火を再現して楽しむ所もあるようだ、それなら近くでじっくり見てみたい。
hanabi edo

余談、冠羽をもった鳥がたくさんいるが、これはパッと開いた打ち上げ花火に見える、
hoojirokanmurizuru.jpg
ホオジロカンムリヅル
こちらは浮世絵に描かれた花火みたい^^
hebikuiwasi.jpg
ヘビクイワシ

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

category: 時事・雑記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/2320-91288adf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック