FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

ルネサンスlute と ビウエラ  

バロックluteの低音コース(6又は7コース以下)はさすがに低音とオクターヴ高い弦でダブルにするのが自然だが、ルネサンスの6、7コースくらいの少コースではどちらがよいか、これは演奏する曲によっても違ってくるし、奏者によっても様々のようだ、何コースからoctにするかという問題もある、何年経ってもこれは迷いっぱなしである; 
6コースluteは「4コースからoctにしなさい」とか聞いてきたが、どうもこの音高からではoct弦が目立ち過ぎ、華やかなようで・・落ち着かない、楽器の反応も関わってくる;
一方、同じ調弦法であるヴィウェラは「すべてユニゾンに張るのが普通だ」と言う?、響きはどんよりして明快ではないが、個人的にはこのユニゾンが、落ち着いた感じで良いと思う、ポリフォニックな曲の声部はユニゾンのほうが聴きやすいのではないか?
この6コースluteは5、6コースをoctにしていたが、全部ユニゾンにしようと、6コース用にローデドNG 145を注文したが、2本要るところ間違えて1本しか頼まなかった;
6c lute 02
11コースバロックluteの8コースが同じゲージだったので、ここから拝借、代わりにPVF釣り糸の万鮪60号を張っつけといて(これでも十分);
11c lutemanyu 60
2本揃って6コースluteに張った、
6c lute6c lute 03
こちらは5コースが万鮪、茶色の6コースがローデドNG、ちょうど良い太さとテンションでバランスが取れる、ビウエラの曲を弾くにもよい感じだ、(このluteは少しビウエラっぽい?雰囲気がある^^;)

ビウエラ(Vihuela)はスペインで用いられたルネサンスluteに代わる楽器で調弦も共通、
ただ現存する当時の楽器が皆無に近く、残された図など参考に製作家と演奏家が模索して再現したものだ、
Vihuela_Playing_Angel.jpg
ビウエラを弾く天使
外観も内部構造も、これが"定型"と言えるものはないが音楽的に良く出来た楽器もある。
vihuela_201908120906584a7.jpg
図を参考に作られた形
vihuela 7c
のちのギター属を参考にした形(7コース)
「ビウエラ」はヴァイオリン属の意味で、正式には指で弾くタイプをビウエラ・デ・マーノ、弓で弾くものをビウエラ・デ・プエブロビウエラ・デ・アルコと呼ぶ、ギター属の胴が8の字型にくびれているのはヴァイオリン属の弓が当たるのを避けるくびれを継承したものと思われる。なお、次代のバロックギターは民族楽器のギターが発展したもので、似てはいるがビウエラとは別系統とされる。

動画でビウエラの好演を挙げる、今村泰典氏のビウエラは7コースになっていて、6、7コースをoctにしている、これも各々の判断。
imamura vi you
you tube:Alonso Mudarra: Conde Claros / Fantasia X (Yasunori Imamura, Vihuela)
右手の親指と人差し指を交互に使って弾くのをフィゲタ奏法と言うが、今村氏はそこで加速して切れ味を聴かせる達演である、
ビウエラでお馴染みのA.ムダーラやL.de.ナルバエスの肖像があるのを知らなかった^^;
Alonso MudarraLuis de Narváez
アロンソ・ムダーラ          ルイス・デ・ナルバエス
PS.楽器の情報を検索するとき、"ヴィウェラ"ではヒットせず、"ビウエラ" 又は"Vihuela"で出てくる;←この理由はスペイン語では「Vi」を「ビ」と発音するからだそうで、

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

category: Instruments

tb: 0   cm: 2

コメント

こんばんは
ビウエラが全てユニゾンってのには抵抗がありまして、
6コースをユニゾンにすると、普通のガットだとまともな音になりません ^^;
6コースだけはオクターブにしてます。

ルネリューは、6コースの楽器は5・6コースをオクターブ、
7コース以上の楽器は6コース以下をオクターブにしてます。

スペイン語の "vi" は「ビ」の発音なので、読み方はビウエラで良いかと。
また弓奏ビウエラはビウエラ・デ・アルコね。
ビウエラ・デ・プエブロは、どうも4コースのギターの可能性が・・・
実はこの辺、はっきりとは分かってません。

リュートの奇士 #nLnvUwLc | URL
2019/08/12 22:31 | edit

奇士さん こんばんは

ありがとうございます、訂正かけました^^資料も見間違っていました;
グーグル翻訳の音声でスペイン語ははっきり「ビ」ですね、英語にすると「ヴィ」なので、どっちでも検索はかかってほしいですが;

ローデドNGなので何とかいけますが、ガット2本でユニゾンはさすがにきついですね、昔はオクターヴに張るにしても低音は細めのを緩く張った、くらいしか方法なさそうですが?


michael #xNtCea2Y | URL
2019/08/13 00:00 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/2322-780daecb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック