FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

チューナーの取付け位置  

昔、ギターをやっていた頃はA=440hzの音叉があればよかったが、リュートを始めてから古楽ピッチも必要になった、今ならA=415の音叉もあるが・・ 
onsa 01
onsa 02
音叉は錆び防止のメッキがされているが、先端は音程調整で削ってあるようだ、

最初にZENONから出たA=415にも設定できるチューナーは重宝した、これが故障して代りを買おうとしたら生産終了で、一時A=415に対応できる製品がなくなった;
やがて、KORGから待望の製品が出た、
korg ot12
KORG OT-12 
1hzずつ自由なピッチに設定でき、ヴェルサイユピッチA=392以下まで変更できる、ピタゴラス音律など様々な古典音律にもできる、アナログ指針でチューニングのずれ具合が掴みやすい、サンプリング時間の切換えで弦楽器など変動の平均値を拾える、一気に古楽器必須の製品となった、現在は後継機OT-120が出ているが機能は殆ど同じ、
korg ot120
KORG OT-120
チューナーの小型化も進み、楽器に付けたまま使えるのは以前からあったが、これも1hzずつピッチ変更できるのは今では当り前、表示もチューニング状態が掴みやすく工夫されてきた、
D'Addarioの PW-CT-12を2つ持っているが、低価格で嵩張らずチューナー本体の性能は申し分ない、取付けのクリップが簡略化されていて、クリップの幅を調整して挟むが、取付け部分はギターのヘッドなど平たい箇所に限られる、左右に首は振れるが上下には振れない、やや不便なところもある、
糸倉が後方に折れたリュートではこんな付け方で演奏姿勢のまま見やすい、
DAddario PW-CT-12 02DAddario PW-CT-12 01
PW-CT-12
手持ちのバスライダー型では、ここが具合よい、
DAddario PW-CT-12 03
PW-CT-12
スワンネック型のリュートは演奏姿勢でも調弦するが、長いので楽器を立てて大幅に調弦し直すときもある、これにはPW-CT-12は使いづらいので、KORGのAW-2を使っている、
korg aw2 01
korg aw2 02
KORG AW-2
バネ式クリップでワンタッチ、表示部は上下左右、自由に向いて、安定して止まる首の部分が優れものだ、取付く楽器には何でもいける、(小さいが、実売価格はOT-120と同じくらい;)
しかし、これらの取付け式チューナーはA=410くらいが下限のようで、ヴェルサイユピッチまで下げられない、この時は本体の充実したKORG OT-12か、OT-120を使う。

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

category: Instruments

tb: 0   cm: 4

コメント

ヴェルサイユピッチ

私はスワンネックを392Hzにしていますが、AW-2+というクリップオンチューナーを使ってます。今は既に製造中止のようですが、移調機能で440HzをB♭に設定すれば問題なく使えてます。

LUTE #2TJsDgzE | URL
2019/08/19 10:23 | edit

Luteさん こんにちは

>AW-2+
移調管楽器対応のチューナーですね、製造中止になったのは、普通のチューナーで実音でわかればいい、といったところですかね?
ヴェルサイユピッチのAは、440の設定ならG、415ならG♯、という具合に読み替えをすれば、どんなチューナーでも使えますが、間違えそうなのでズバリ表示してほしいところです^^;

michael #xNtCea2Y | URL
2019/08/19 12:05 | edit

Tuner

michaelさん、Luteさん、お久しぶりです。D'Addarioの PW-CT-12は私も使ってますが、挟める所が狭くて使いにくいので、今は、Petersonのストロボチューナーをメインに使ってます。OT-120も価格が下がりましたね。今は、クラシックギターオンリーです。

mino #- | URL
2019/08/19 14:19 | edit

minoさん こんばんは お久しぶりです。

小型の取付けチューナーって意外にお値段張りますよね;
本体部分より、向きを自由に変えられるアーム接続にコストかかっている気がします?
うちは6弦のギターは全部手放し、バロックギターのみです。

michael #xNtCea2Y | URL
2019/08/19 22:44 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/2329-4856f187
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック