FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

弦素材によるピッチ変化  

リュートなどの弦楽器は弦を指板(フレット上)に押さえ込む際にも僅かにテンションが上がり、ピッチも上がることになるが弦の材質によってこの度合いが違う、また同素材でも太くなるほどハイポジションでピッチが上がり、最も顕著なのがガット弦で、次いでフロロカーボンになる、これは前にも書いた、弦が硬質のため生じる不振動部分も加わってくると思う(この影響のほうが大きいかな;)、 
001_20190828104956217.jpg
実質、弦長が短くなる
密度が高そうで硬質なキルシュナー製のガット弦は特にその傾向が強い、
gut ku
リュートのフレットが固定でないのは、適正な音程が得られる位置へ動かすためだが、直線状態なので全てに対応できず、妥協点を探るしかない、傾斜をつけることもある、
太い弦,細い弦がセットになったオクターヴ調弦で、開放弦を弾くだけの低音コースなら問題ないが、押弦する6、7コースあたり、ハイポジションほど2本の弦のピッチ差(低音弦のほうが高くなる)が大きくなり、こればかりは打つ手がない、
weiss prelud d moll
S.L.ヴァイス Prelude d-moll
こういう箇所は多くはないが;
この問題が殆ど生じないのはローデドNYLGUTと巻弦で、柔軟な性質の弦である。

13コースluteに張っていたローデドNGは品質改良後の製品で、長く切れずにいたが、10コースが先日切れた(ナットとペグの間の位置)、調弦のたびにストレスがかかり疲労が起きるのだろうか、別の糸を繋いで使えるのでこのまま様子を見る。一応メーカーは「4kg以上のテンションは避けるように」と言っている、その後のローデドNGはさらに色が薄くなり、改良が加わっていると思われるが、6~8コースに使う細めのは今も濃いエンジ色で、材質に問題なさそうだが、どうも10、11コースあたりに使うのが切れる、
002_2019082810495725f.jpg004_20190828105000eb1.jpg
003_20190828104959905.jpg
初期のローデドNGで11コースが切れた様子
いつ切れるかわからないというのは不安である、また切れるようなら、元のフロロカーボンに戻してもよい;これは絶対切れない^^
005_20190828105002327.jpg
しかし、弦長の短い楽器にはローデドNGが欲しいところだ;

PS. 何時切れるかわからない・・といえば
*オーケストラでコンサートマスターの弦が演奏中切れたことがある、この時も隣の奏者のvnと交換し、あとは順に後ろの奏者の楽器と交換していく、
*荘村清志氏が10弦ギターを使っていた頃のコンサートでたしか⑨弦が切れた、演奏には支障ないので弾き続け、曲が終わって、「よくある事です」と言って張り替えに行った、

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

category: Instruments

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/2338-0b915dcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック