FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

楽器のケース あれこれ  

ヴァイオリンやクラシックギターは概ね標準の形が決まっているのでケースは既製品の範囲で合うものを選べるが、リュートは形状,サイズが多様なので、楽器製作の際、個々に合わせてオーダーされる、この2つの11コースluteは極端に形状が違う、 
11c lute a r11c lute b r
断面だけで様々、それだけ音の特性も変わってくる、
02 bowl

リュート・ケースの老舗で英国のKINGHAMというメーカーは強度,耐久性では申し分ない、内張りのクッションは厚めで万全、外張りも年数が経っても剥がれてこない、
11c lute b
しかしこの楽器の重量1.02kgに対しケースが3.41kgである;強度第一、とすればこんなものかもしれない。
今は作られていないらしいが、国産の軽量ケースがあった、蓋がファスナー止めなのが少し心配だが、自分で持ち歩く分には非常に助かる、これは中身含めて2.63kg、
11c lute a
もう若干重くてもよいので、蓋閉じなど強度を増した造りであってほしい;

この2つのルネサンスluteは形状やサイズがほぼ同じで、1つのケースが共用できる場合もあるv
7c lute
6c lute
長い楽器は、狭い場所で立てて歩くことが多いので、重心は取手の位置より少し後ろに来た方が扱いやすい。
a lute

このバロックギターのケースはお任せだった、
b guitar
標準的なギターケース風の造りだが、ボディの形,長さともぴったり合っている、大袈裟でなく軽めでリーズナブルなのが良いv
Roosebeck社製とあるが、ebayなどからいろんな楽器が出ているあの会社名のようだ、製品は多種に渡るので製造元を多く抱えているのかな?

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

category: Instruments

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/2343-cf98b0b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック