FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

レコード洗浄機  

レコード盤の洗浄機として、洗浄水の中に超音波を発するタイプもある、超音波はたしかにこびり着いた汚れを振るい落とす効果があるようで、様々な洗浄機のたぐいに使われるが、こういうマシンがどの程度まで効果があるのだろう、 
02 Cleaning machine
いろいろ情報を見ても、「きれいになる」とはあるが、完全にノイズ無し、まではいかない?ようだ、繰り返し洗浄すれば良いのか、わざわざマシンを買って試そうとも思わないし;
発送する前に洗浄機にかけるというレコードショップもあり、届いた盤は外見はきれいだった、しかし針を下ろすと、ジリジリとノイズが出て、針が通ったあとにこのような凝固物が掻き出された、
dust_20190903093650e2c.jpg
レコード盤は殆どが中古品であり、過去の持ち主がどんな扱いをしていたかが一番の問題と思える、速乾性の良質な静電防止スプレーをかけた程度なら問題ないだろうが、過去には液状の静電防止剤、あるいは潤滑剤と称して様々な製品が出回り、盤の塩化ビニルが溶解するようなものまであった、それで痛んでしまった盤はどうしようもないが、何らかの異物が溝内で凝固しているような場合、前述のように針を通すと掻き出され、拭き取りながら、数回再生するとノイズがなくなるケースが多い、
02 mizo
カビが発生した場合も、カビが盤に根をおろすことはないので;針で掻き取れる、
このベーム盤もはじめ、チリチリノイズが出たが、針にカビらしい白い物が絡んだ、3回目くらいの再生からクリアになった。
20181227_201909030933035c3.jpg
ヤワなベルベットクリーナーで取れるのはふわっと乗った埃で、凝固物は取れない、
002_201909031003352fe.jpg
毛先の細い歯ブラシも軟質なナイロンだし、溝の底までは届かないのか、掻き落とすには至らない、結局、ダイヤモンドの針が一番効果がある;
AT440MLb_2019090309590285f.jpg
ノイズの音が硬質でないか聴いて、始まりの部分だけ再生して、そこに凝固物が出るかどうか、2回目、3回目と再生してノイズが減っていくか、これで判断している。

一度も針を下ろしていない無垢盤に当たることもあるが、内袋から出すとパァっと静電気を帯びる、昔、新品盤を買ったときと同じで、埃さえ取れば目立ったノイズは出ず、CDを聴くのと変わらないレベルで聴ける。

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

category: Low cost audio

tb: 0   cm: 2

コメント

こんばんは。

レコード好きとしては,うなずくことしきりの記事でした。
ぼくは知り合いから譲ってもらったバキュームマシンで掃除しますが,使い終わった水(中性洗剤の溶液)はかなり黒っぽく汚れます。
海外から買った盤は痛針のあと白いゴミが出てくることが少ないように思います。日本以外ではややこしいグッズをあまり使わなかったのでしょうか。
いずれにしても,音楽を聴くのも好きですが,じつはレコードそうじがけっこう好きです(笑)

リキ #KLtzAfy. | URL
2019/09/03 20:12 | edit

リキさん こんばんは

>レコードそうじがけっこう好き

同じですね^^
CD時代になり、レコード再生はブランクの期間が長かったですが、一連の準備作業は昨日の事のように染みついていました。
けっこう汚れていても、塩ビの盤面そのものが無事なら、何とかなりますね、下手な吹き付けモノが使われなかったレコードは良い状態のようです。

michael #xNtCea2Y | URL
2019/09/03 23:50 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/2344-af7e3537
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック