FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

巻弦のワックス漬け!?  

昨日に続き、楽器のマニアックな話; 
先日記事にしたJ.リンドベルイのオリジナルluteを使ったCDのブックレットに興味深い記載があった、この録音で使った弦について、
20190813.jpg
All strings are in gut, except the fundamentals of courses 7 to 11.
These are copper-wound, treated with lanolin.
7~11コースの低音弦以外は全てガットである、
それら(低音弦)は"ラノリン"で処理された銅巻弦である。


ラノリンは羊から採られる動物性のワックス(蝋)で、軟膏剤などのベースに使われ、潤滑剤にもなる、常温ではクリーム状で温めると液化する、
lanolin 03ラノリン
液化した中へ巻弦を漬け、たぶん、芯線の間に浸透させるのだろう、余分をしっかり拭き取らないとベタつきそうだが、まあガット弦もオイル漬けなので、大勢に変わりないか;

この録音では低音弦はガット系か、ローデドNGだろうと思っていたが、まさか巻弦だったとは(ブックレットにはそれらしい写真はない)、すっかり騙されたというか^^
たしかに巻弦の芯線に軟膏のようなものが含まれると、ナイロンの細い繊維が1本のガットみたいに束ねられ、巻弦的な倍音を押えそうに思える、こういう使い方は前からあったのだろうか?音質はガット弦とよく融和している、細い分だけ余韻は長くなるようだが、太いガット弦で起きる不具合(ハイポジションでピッチが上がる)は回避できる。
これも現代ならではのやり方だが、ヒストリカルな方へ歩み寄る一つの工夫だろう、
この演奏も巻弦には聞こえない、
j l weiss you
you tube:Silvius Leopold Weiss - Fantasia for lute No. 1 in C minor

巻弦はたくさーん余っているので気が向いたら実験してみてもいいけど・・使うならP社の巻弦よりA社の"D"巻弦がいいかな、
wound string
短いルネサンスluteなど、弦をあまり太くしたくない場合、具合がよいかもしれない?

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

category: Instruments

tb: 0   cm: 6

コメント

ワックス漬け

こんにちは。巻弦のワックス漬けについて、興味が湧いて、私もやってみたいです。具体的にどうやるのかは、やってみないと解りませんが、常温クリームを布に塗って擦っても良さそうにも思います。ナチュラルガット弦のオリーブオイル漬けは、試した事があり、ニスコーティングよりは、オイル漬けの方が、自然な音で、好ましく思いました。オイル漬けの期間は、2週間でやってみました。

mino #- | URL
2019/09/05 12:20 | edit

どうりで、

2012年録音にも6to10,と同じように書かれていますね(ルネサンス)、2004年録音のオールヴァイスのCDの低音(自分には心地よい低音)より、音が細く余韻が長くなっている、と感じましたが何となく納得しました(録音場所と機材もあるでしょうけど)。試行錯誤していますね。最後のページまでは見ませんでした。

老弾 #- | URL
2019/09/05 13:54 | edit

こんばんは。

過去の記事を読んで知ったのですが、リュートにも、いろいろな種類があるのですね。
私も若い頃、少しクラシックギターを弾いたことがありますが、リュートの響きは似ているようで違いますね。
私には、魂に響く奥深い音色がします。
michaelさんのブログで、少しはリュートについて学びました。
ありがとうございます。

yamashiro94 #- | URL
2019/09/05 18:13 | edit

minoさん こんばんは

私も近々試そうと思いますが、ワックスは巻弦の内部に浸透させるのが肝心のようですね、鍋に湯を沸かし、空き缶など内容器にしてラノリンを溶かし、そこへ丸めた巻弦を漬けようかと考えています、かたまってこないうちにキッチンペーパーでよく拭き取って・・という手順で^^

michael #xNtCea2Y | URL
2019/09/06 00:15 | edit

老弾さん こんばんは

レコーディングならすべてガットでじっくり取り組めますが、なぜそうしないのか・・本物のガットにはまた別の問題があって、この件は次の話題にします。

しかし、J.ダウランドのメランコリックな曲では長い余韻が欲しいなといつも思います、短いリュートにガットを張ると余韻が足りない、弦長の長い楽器じゃ演奏困難;何が正解なのかわかりません^^;

michael #xNtCea2Y | URL
2019/09/06 00:25 | edit

yamashiroさん こんばんは

クラシックギターをご経験でしたか、私もリュート作品をギターで弾いても不満足な結果しか得られないので、いつの間にか転向しました。
多くのリュート奏者が活躍し、楽器の製作家も増えてきましたが、まだ謎の部分が多いんですね;現代流の演奏や楽器の製作が一人歩きしだしている可能性もあります、昔の資料を今一度確かめるのも大事かと思います。

michael #xNtCea2Y | URL
2019/09/06 00:44 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/2346-b1309138
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック