FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

ギターによる、バッハ:シャコンヌ(BWV1004)  

シャコンヌ(チャコーナ)は大航海が始まって以降、16世紀終りに南米から持ち帰られたギターを伴奏とする歌付きの舞曲だそうで、3拍子の快活なものだったそうだ、これが南ヨーロッパに広まり流行した、バロック期にはオスティナート・バスに乗った変奏形式が定着した。
スペインの舞曲を起源とするパッサカリアも類似した変奏楽曲となり、シャコンヌとの区別は不明確である。
 
バッハの無伴奏vnパルティータ No.2 d-moll BWV1004のシャコンヌは比類のない名作として、演奏史も長い、vn以外の楽器にも編曲され、ギターに最初に編曲したのはアンドレス・セゴビアだった。
a s bwv1004 you
you tube:J.S. BACH, Chaconne (Violin Partita No. 2 BWV 1004) ? Andres Segovia, 1959 ~ RARITY!

20世紀にはロマンティックな捉え方で「音の一大絵巻」のような気合いの入った演奏が定着し、快活な舞曲の要素は聴かれず、なんか気が重くなる曲だった、名ヴァイオリニストが表情記号を一杯書き加えた楽譜も出版された。
古楽演奏が研究されだして、そういう流れはリセットされたようだ、シギスヴァルト・クイケンの演奏を聴くと心地よい舞曲の味わいも聴かれ、耳疲れしない。
j k bwv1004 you
you tube:J.S.Bach - Partita II d-moll BWV 1004/Ciaccona (S.Kuijken)

ギター属による演奏で興味深いのはバロックギターを用いたマルコ・メローニである、バロックギターは事実上広い音域を持たないが、この独自の調弦法が効果をあげている、
m m bwv1004 you
you tube:Marco Meloni シャコンヌ Chaconne BWV 1004 J.S.Bach バロックギター
4、5コースは擬似的なバス弦であり、高音弦としても使われる、
20190811100444cd1_2019090909253453a.jpg
調弦例
オクターヴ弦は先に親指が当たる側に張る、リュートとは逆である、
02 b guitar lute
これは上手くやればスケール演奏やポジション移動の小忙しさを軽減し、鮮やかな装飾やパッセージを可能にするようだ、演奏もレガートに繋がりやすい、どうやっても難しい部分はあると思うが、舞曲らしい快活さをこれだけ聴かせる演奏は他に憶えがない、聴き手も肩の力を落とせる。

もう一例、クラシックギターで福田進一を挙げる、
s h bwv1004 you
you tube:J.S.Bach "Chaconne" from Violin Partita No.2, BWV1004 :Guitar version by shin-ichi fukuda
R.ブーシェのギターを用いたパワフルな演奏で対極的。

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

category: J.S.バッハ

tb: 0   cm: 2

コメント

こんばんは。

大好きな曲です。
高校生の頃には,ギターでの演奏に挑戦していました。

バロックギターでの演奏はおもしろいですね。かなり自由に演奏していて、奏者も楽しそうです。立って演奏しているのが,大仰にならない理由のひとつでしょうか。

ぼくは大上段に構えた演奏も好きです。無伴奏パルティータは,舞曲の形式を借りた実験的な創造ではないかとも思えるのです。

リキ #KLtzAfy. | URL
2019/09/09 20:21 | edit

リキさん こんにちは

この作品自体、普通に言うバロックの域を超えているように思えますね、
ただ変奏が進むだけじゃなく、ドラマティックな構成も持つようで、後世の演奏スタイルにも応える内容になっていると思います。

純粋な意味でバロックの「シャコンヌ、パッサカリア」を聴きたい場合、ほかの曲がいくらでもありますし。

michael #xNtCea2Y | URL
2019/09/10 14:00 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/2350-29982357
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック