FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

楽器ソロ←編曲→オーケストラ  

今日も個人的好みや価値観で勝手にあれこれ・・; 

ソロ楽器のための作品をorchに編曲する例は多くみられる、オーケストレーションでどの楽器をどう使うかで、編曲者がいかに作品を捉えているかが具現化されているようだ。大抵は原作者の没後に行なわれるため、その良否はわからない。
L.ストコフスキーはバロック作品のいくつかを現代のorchに編曲している、バッハのトッカータとフーガBWV565もそうだが、
bwv1004 orch 01 you
you tube:Toccata and Fugue in D-Minor BWV565 Toccata.
かなり物々しい;
一昨日話題にしたシャコンヌBWV1004の編曲もある、
you tube:Bach - Stokowski. Chaconne (1950)
独奏楽器のための曲には装飾的なパッセージの切れ味、即興的なアゴーギグなど、ソロイスティックな聴かせどころがあり本来の魅力だが、それを大勢で合奏というのはもどかしい;
日本の指揮者、齋藤秀雄によるorch編もある、どこか西洋音楽を消化した後の日本風に聞こえるところもあり、そこはちょっと面白いかも、
bwv1004 orch 02 you
you tube:Seiji Ozawa - SAITO-KINEN Chaconne

M.ムソルグスキーの組曲「展覧会の絵」もM.ラヴェルによるorch編のほうがお馴染みのようだが、原曲はピアノで、やはりピアノ音楽らしい特性が強く、orch編では面白い面もあるが聴き辛く感じる部分もある、ピアノの素早い"粒立ち"がorchではモヤモヤしてしまう、
mu you
you tube:Mussorgsky/Pictures at an Exhibition Pf:Freddy Kempf
006_20190911112425f1f.jpg
you tube:Mussorgsky: Pictures at an Exhibition - Alfonso Scarano & Thailand Philharmonic Orchestra
一方、orch編で有名となったこの曲をクラシックギター1本に収めた、山下氏の演奏も話題を集めた。当時LP盤は買ってみたが、針を下ろしたのは1回のみだった、orch編も取り入れての再編曲らしいが、楽器の限界を超えていて、弦だけがバシャバシャ鳴る音に疲れた。
mu you gui
you tube:Jorge Caballero - Mussorgsky Pictures (Complete)

編曲といえばバッハも自作多作問わず、多く行なっている、ただし本人の時代の音楽。
原曲と両方残っていれば一番だが、チェンバロCon No.1 BWV1052の原曲は失われたヴァイオリンConに違いない、vn上の技法を鍵盤向きに変えることなく、あえてそのままにしてある、
20171116.jpg
20171116 b
譜例1ではvnのA線の開放を弾きながら、同音異弦を響かせる、次はE線で出てくる、また譜例2はD線を延々と弾く、vn上に成立する曲の真価を損なわないためだろう、他の曲では変更する場合もあるが、原曲を書いた人だからこそできる判断だろう。

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

category: 近代・現代作品

tb: 0   cm: 4

コメント

こんにちは

Y氏の展覧会の絵編曲は、懐かしいです。楽譜まで買って、小指のトレモロを挑戦していた頃の事を、思い出しました。

mino #- | URL
2019/09/11 11:45 | edit

こんにちは。

私も若い頃、ストコフスキーのトッカータとフーガをよく聞いていました。
しかしこれは、オルガンで聴くのが好みです。
ところが、展覧会の絵は、管弦楽編曲を長く聞いてから原曲を聴いたせいか、原曲のほうがものたりなく感じます。
ラベルの編曲の巧みさもあると思います。
やはり一番いいのは作曲者自身による編曲だということでしょうか。

yamashiro94 #- | URL
2019/09/11 17:22 | edit

minoさん こんばんは

その後もY氏の楽譜で弾く奏者がけっこういますね、
並大抵の技術じゃないとおもいますが、
それぞれの演奏の個性を聴いてみるのも面白いです。

michael #xNtCea2Y | URL
2019/09/12 00:31 | edit

yamashiroさん こんばんは

ソロ楽器の曲をorchに拡大するには原曲に無かった要素を加えることになりますから、聴く人によって賛否が分かれるのは避けられないでしょうね、
ラヴェルは各楽器を効果的に使うオーケストレーションの達人ですね、作曲者以外が編曲するのも、別の意味で面白いかと思います。

michael #xNtCea2Y | URL
2019/09/12 00:50 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/2352-94768280
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック