FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

テレマン: 多数の楽器のための協奏曲集  

気になっていたテレマンの協奏曲のCDを取り寄せた、ベルリン古楽アカデミーの演奏で、豪華なお菓子の詰め合わせみたいな1枚であるv
J.S.バッハの曲はどれを聴いてもバッハらしいDNAが聞こえてくるが、テレマンはじつに七変化というか、作風も見事に使い分けるようだ、協奏曲は大きく分けて4つの楽章を持つ、コレッリ流といえるタイプと、3楽章のヴィヴァルディ流がある、典型的なバロック趣味の曲もあれば、民族音楽を取り入れたテレマン独特の曲もある、 
tele con cd
当盤は以下の8曲が入っている、
①協奏曲 TWV54:D3 ニ長調[トランペット3、ティンパニ、オーボエ2、弦、通奏低音]
②協奏曲 TWV53:h1 ロ短調(ドレスデン版)[フルート2、カルケドン、弦、通奏低音]
③協奏曲 TWV44:43 変ロ長調[オーボエ3、ヴァイオリン3、通奏低音]
④ソナタ TWV44:32 ヘ短調[ヴァイオリン2、ヴィオラ2、チェロ、通奏低音]
⑤協奏曲 TWV53:F1 ヘ長調[マンドリン、ハンマード・ダルシマー、ハープ、弦、通奏低音]
⑥協奏曲 TWV53:d1 ニ短調[オーボエ2、バソン、弦、通奏低音]
⑦協奏曲 TWV54:D2 ニ長調[ホルン3、ヴァイオリン、弦、通奏低音]
⑧アダージョ(協奏曲 TWV 43: G5 ト長調より)[vn2、va、vc、通奏低音]

ベルリン古楽アカデミー
2016年9月、テルデックス・スタジオ(ベルリン)


①は4つの楽章、trpが3本入る華やかな曲、第1楽章がグラーヴェで第2楽章がフーガ形式のアレグロ、続けるとフランス風序曲にもきこえる、グラーヴェではtrpとtimpの活躍がグラウプナーの序曲と共通した感じで、これがドイツ風だろうか、
you tubeは映像付きのCroatian baroque Ensembleの演奏を代わりに挙げる、
twv 54 d3 you b
you tube:Telemann Concerto for 3 trumpets, 2 oboes, timpani, strings & b.c. in D major TWV 54:D3
②では通奏低音にカルケドンという、リュートを細長くしたような楽器がこの演奏では使われる(使用楽器は自由だが)
calchedon.jpg
tutti以外の所でvc、cbが休み、この楽器だけでバスを弾いて味わいが出る、
you tubeには挙っていなかった
③は3楽章で、珍しい楽器はないが、テレマンらしい快活な楽しさに溢れる、
twv 44 43 you
以下は当盤、ベルリン古楽アカデミーの演奏
you tube:G.PH. TELEMANN: Concerto for 3 Oboes, 3 Violins and B.C. in B-flat major TWV 44:43
⑤は聴き憶えがあると思ったら、ターフェルムジーク第2集にある、3つのvnのための協奏曲と同曲だ、独奏をマンドリン、ハープ、ハンマード・ダルシマー、とすべて弦をはじく、若しくは叩く楽器に置き換えており、編曲者:Peter Huthとある、
twv 53 f1 you
you tube:G.PH. TELEMANN: Concerto for Mandolin, Hammered Dulcimer and Harp in F major TWV 53:F1
3つの楽章で、始まりはマンドリンが聞こえてヴィヴァルディ風の印象、同じ音域で少しずつ音の違う、撥(&打)弦楽器が交錯する、楽器にもお国柄を感じ、マンドリンはイタリア風だが、ハンマード・ダルシマーが聞こえるとどこか東洋、又は東欧風になり、国籍入り乱れた感じ、通奏低音にもチェンバロとリュートが入り、撥弦だらけで面白い^^
Hamard Dulcimer
ハンマード・ダルシマー(聴いただけでは中国の楊琴と区別つかない;)
第2楽章はニ短調になり、撥弦同士のメランコリックな趣きが効果的で、ヘンデルのハープ協奏曲のような深みが出る、この編曲を思いついたのが素晴らしい。

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

category: G.P.テレマン

tb: 0   cm: 4

コメント

カルケドン

こんにちは

「カルケドン」、初めて聞く楽器で、どんな音がするんだろう?と興味深々で、刺激になりました。音質は、ある程度想像がつきますが、動画サイトで聴いてみたいです。テレマンの音楽は、聴きやすい音楽が多く、リラックスできますが。

mino #- | URL
2019/09/15 13:46 | edit

はじめまして。
いつも丁寧な記事に驚くとともに、とても勉強になり感謝いたしてます。
音源だけでなく、演奏者、会場などとても詳しくて良く分かります。
珍しい楽器まで写真で見れるのですからなおさら感激いたします。
これからも色々な事を教わりにこちらへ通わせてくださいね。

よしな #- | URL
2019/09/15 17:09 | edit

minoさん こんばんは

テレマンは作品数が多すぎて、お目当ての曲を探すのが大変ですね;
「TWV53:h1」など、作品番号で検索できますが、今回のカルケドンの入った曲は動画サイトに見つかりません;別のキーワードで出てくる場合もありますけどね。

michael #xNtCea2Y | URL
2019/09/15 23:44 | edit

よしなさん こんばんは
コメントありがとうございます。

よしなさんのブログはデータが豊富で、作品そのものについての関心事も詳しく書かれて、とても楽しみに読ませていただいています、まだ知らない良い曲、演奏を発見できそうです。
今後ともよろしくお願い致します。

michael #xNtCea2Y | URL
2019/09/16 00:33 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/2356-c215a3a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック