FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

レコード盤の外側と内側  

太陽系の惑星は中心の太陽から遠い惑星ほどゆっくり周り、一定の軌道に安定している、遠いほど太陽の重力が弱くなるので、ゆっくりでないと、遠心力で飛んでいってしまう。
一方、回転している渦巻銀河も外側の星ほどゆっくり周ると思われていたが、星々の動きを観測してみると内側も外側も同じ移動速度で周っていた(これでも内側のほうが先行する)、
m31_20190920092438679.jpg201705011.jpg
この周り方では外側の星が遠心力で散らばってしまうはず?何か目には見えない重力源があり、散らばるのを止めている、という仮説からダークマターの存在が考え出された。
以上は余談^^;

レコード盤は惑星とも銀河とも違い、1枚のつながった固体である、できれば銀河のように廻るのが望ましいが;回転させれば外側も内側も同じ角速度で廻る、内側のほうが一定時間の移動距離が短い、この短い区間に外側と同様に情報が詰め込まれる、
lp_2019092009243794e.jpg
内側は溝の振動が小刻みになり、レコード針が滑らかに追従しにくく、音が歪んでビリつきやすくなる、最後のほうがppで終わる曲ならまだいいが、ffで終わる曲はビリやすい、内側一杯まで収録されているほど歪みの問題が出る、これはどんな高級プレーヤーや針を使おうと完全には解消できないレコード盤の宿命、
この軽減策として一番有効なのが針先の選定である(適正な針圧も重要)、溝に接する針先の両端が薄いほうが溝の振動に忠実に付いて行きやすく、歪みが少なくなる、
006_20190920120637f09.jpg
hari 02
ラインコンタクト針というのがそれで、上級カートリッジ用なのが普通だったが、AT社では中級クラスのMMカートリッジにもこの針を用意している、
at ml 22019032012.jpg
大抵は型番が変わっても同等の後継品が出される、オーディオ製品はできるだけ節約したいので、こういうのは助かる。

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

category: Low cost audio

tb: 0   cm: 2

コメント

こんにちは、いつもありがとうございます。
先ほど間違えてコメントを拍手の所に書いてしまいました・・。
すみません・・あはは^^;

よしな #- | URL
2019/09/20 15:45 | edit

よしなさん こんにちは

できるだけ、良い再生音にしようと画策はしますが、
レコード盤そのものの音が良くなければどうしようもない事なので、
あまり拘らない範囲で楽しんでいます^^;

michael #xNtCea2Y | URL
2019/09/21 13:58 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/2361-82b8a4a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック