FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

ナットのスペーシング  

ギターやリュートはナット側で弦の間隔が狭く、ブリッジ側が拡がっている、多コースのリュートも複雑な押弦をするのは6コースまでだが、ナットでの間隔の取り方は微妙で演奏性を左右する、ナットでの間隔を測ってみると、目測で思うより意外に狭い、
各楽器の1~6コース間(ダブルコースではその中心)の長さを比較する、

この7コース、ルネサンスluteは37.5mmと手持ちでは一番狭い、ただしブリッジ側はフィゲタ奏法に合わせ大きく拡がっている。
7c lute
7c lute 02

11コースのバロックluteも40.0mmと案外狭い、
11c lute
バロックluteでは鳴っている弦に触れずに隣のコースを押える弾き方が多いので、間隔は開いているとその点は助かるが、
2015071121524287d_20191015101057e44.jpg
あまり開くと低音弦が遠のき、指を大股に開くことになって、これがまたやり辛い、諸条件を考慮するとこれくらいがベストになってくる、なおバロックluteのブリッジでのスペーシングはほぼ標準的に揃っている、「10コースはこのあたり・・」とか指が位置を覚えているので、そこから外れると困る;

バロックguitarはもともと5コースしかないが、その間が38.0mmくらい、
b guitar
リュートの1~6コース間とほぼ同じで、わりと間隔に余裕がある、隣のコースに触れずに押えるという奏法がより重要になる楽器なので理に叶っている。

ナットを何度か自作したが、一番緊張するのが弦の溝入れである、理想の位置から0.2mmずれても具合が悪い;
nut_2019101510110013b.jpg

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

category: Instruments

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/2386-bac961af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック