FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

P.ヴラニツキー:交響曲 ニ長調Op.52  

時折取り上げる、知られざる古典派、今日はW.A.モーツァルトと同年生まれのパヴェル・ヴラニツキー(Pavel Vranický)、
有名作曲家に対し、決して引けをとるわけでもないのに、忘れ去られる人は多い、
人々の耳に残る名旋律の"ヒット曲"を多く書いた人は後世も演奏され、名も残る・・で差がついていくのかもしれない?あのL.ボッケリーニも「メヌエット」で知られるくらい、ヴィヴァルディも「四季」が再演されて以来、有名になったのかも。 
P.ヴラニツキーもそんな一人、チェコ出身でウィーンで活躍、ドイツ語名ではパウル・ヴラニツキー(Paul Wranitzky)と名乗り、52歳で没している。
Vranicky.jpg
Pavel Vranický (1756-1808)
当時は高名だった人でハイドンを引き継いだ技を持ち、管弦楽法が巧みで、orchの各楽器を細やかに活かした書法が聴かれる、40曲ほどある交響曲から、ニ長調 作品52を聴いてみる、
手元のCDはcpoレーベルで、ハワード・グリフィス指揮、ハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニーO、新時代らしい演奏で一番良いが近年の録音にしては音が不鮮明で惜しい、
vranicky sym
これはyou tubeに挙っていないので、代わりにBohumil Gregor指揮、Dvořák Chamber Orchestraを挙げる、こちらは20世紀流の演奏で緩叙楽章がゆっくり過ぎて大仰だが、orchの各パートをよく拾った録音は好ましい、
vra sym you
you tube:Paul Wranitzky - Symphony in D-major, Op.52
第1楽章、堂々とした序奏に主部の軽快な主題が続く、ハイドンのSym No.50もしくはNo.90のような活気が心地よい、展開部の巧みな書法が聴きどころ、再現部では第1主題動機をちょっぴり変形したり、拍をずらしたりするのが洒落ている、
vra sym sc
vn1パート
第2楽章、アダージョは優美な主題で変奏の要素ももつ、ハイドンの「オックスフォード」に似た形式のようだが、ひじょうに劇的な内容が轟き、穏やかに終わる、
メヌエットは典雅で堂々とした主題、トリオはtrpのファンファーレを伴い気品がある、
終楽章はハイドンの「太鼓連打」終楽章に似た趣きで、ロンド風の主題で始まる、
じつに緻密で手の込んだ書法、展開部および再現部は各パートの複雑な重ね方が耳を巻き込むように見事で痛快。
これほどの曲がモーツァルトの初期交響曲ほども演奏されないのはどう考えても変だ、

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

category: その他・古典派

tb: 0   cm: 2

コメント

こんばんは。

P.ヴラニツキーの交響曲、聴いてみました。
michaelさんの過去の記事を見てみると、すでに注目されている作曲家だったと知りました。
私がこれまでに聴いてきた作曲家とその音楽は、偶然でしかありません。
しかし、よく考えると、偶然というより、「こんにち」よく取り上げられている作曲家の音楽を聴いているだけ、なのかもしれません。
……。
たとえ偶然であっても、ボッケリーニのギター五重奏曲は「出会ってよかった」曲です。
Youtubeでいろいろな演奏を聴いてみました。
私には、近年にない、印象に残る曲でした。
michaelさんのブログを通して、未知の曲を知るのは、私の楽しみのひとつです。

yamashiro94 #- | URL
2019/10/26 21:47 | edit

yamashiroさん こんばんは

ありがとうございます、記事にした甲斐がありました^^

まだまだ知らない良い曲というのは眠っていると思いますが、演奏家が掘り出して取り上げてくれるまで、知りようがないですからね;
近年は演奏家、レコードレーベルともに積極的な傾向が出てきて、未知の曲を探すのが楽しみになっています、
cpoレーベルなど、知らない作品の優れた演奏が揃っているようです。

michael #xNtCea2Y | URL
2019/10/26 22:59 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/2397-10d8f92c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック