FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

条件反射  

勉強や仕事でPCを使いまくった世代はキーボードに十分慣れているだろう、逆に大抵はスマホで済ませてしまう若い世代はあまり慣れていないという。 
キーボードの数字は1から順に並んでいる、アルファベットは決まった位置に統一されているが順番はまったくランダムである、これはタイプライター時代から引き継がれているそうだ、
key b
カナ入力も使う人は少ないがやはり規則性はない、打つ確率から最も合理的な配置にしてあるのかと思っていたが、なぜこのように定まったのか諸説あり、実のところ不明らしい;
文字を打つ際、ここがA、ここがK、などと憶えようとせずとも打てている、訓練すればブラインドタッチも出来る。
しかし、白紙にキーの文字並びを書き出せと言われても、わからない、キーボードがあれば、ほぼ迷わず指が行くのが不思議に思うが、これも条件反射というやつか、

楽器の演奏でも慣れた楽器に条件反射が作られる、
鍵盤楽器のキーボードは音順であり、1オクターブで同じパターンが続くので、それだけは覚えやすいかもしれない、しかし曲自体は複雑に書かれる;
tastatur_detail.jpg
ギターなども大きなポジション移動でちらっと見るくらい、あとはほぼ手探りでいける、
リコーダーなど、クロスフィンガリングなど順番性のないややこしい押えもあるが、
rec_201910291130171c1.jpg
やっているうちに音符を見ただけで反射的にその押えになり、暗譜もしやすい、

リュートの場合、タブラチュアという奏法譜を用いるが、
tab_201910291130198c3.jpg
"目で譜を見る→そこに指が行く"というのが一連の神経の手順になっていて、指先はギター同様手探りに近い、他の楽器なら既に暗譜している頃でも、必ず目で譜を追うところが違うが、反射的にやっているのは変わりないだろう、もちろん練習の始めはいろいろ考える;

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

category: 演奏について

tb: 0   cm: 6

コメント

いつも訪問ありがとうございます
 昔々 姉が 留学を 考えていて オリヴェティーの タイプライターを
  買って 遊び半分で 中学校の頃 使ってましたが
英語だと いっぱい使うのが 真ん中 使わないので 使いづらい 
 指だと なんとなく 分かったり
  でも タイプライター 打つのは 結構 力が いるんですよね
特に 小指 それに 大文字や でも そのおかげで
 パソコンには すぐに 慣れましたけどね

北海道のくま #- | URL
2019/10/29 17:31 | edit

こんばんは。

パソコンのキーボードは,全時代の遺物となりかけている「親指シフト」を使っています。
日本語を分析して,よく使うキーが打ちやすいように配置されている合理的なキー配置ですが,使う人はだんだんと少なくなってきています。
エミューレーターを使うので,キーボードに書かれている文字とはまったくちがう文字をブラインドタッチで入力しています。記事に書かれているとおり,反射的に指が動きますが,「あ」はどこ?と聞かれても即答できず,指を動かさないとわかりません(笑)

ピアノもブラインドタッチできるようにしたいのですが,こちらは練習不足でままなりません。

リキ #mQop/nM. | URL
2019/10/29 19:19 | edit

北海道のくまさん こんばんは
コメントありがとうございます。

タイプライターには殆ど縁がなかったですが、ある時期から電動で活字が付いたボールで打つのがありましたね、指の力で打つのは慣れないと文字の濃さが違っていました、
和文のタイプライターを見たことがありますが、常用漢字や人名漢字の活字全部が用意されていて差し替えて打っていました、印刷の原稿用で、タイピストの技能は関係ないようですごく時間かかります;

michael #xNtCea2Y | URL
2019/10/29 21:18 | edit

リキさん こんばんは

>親指シフト

これは経験がなく、調べてみたら、カナの配置がまったく違うんですね、効率よく和文を打つには有利な手法のようですね、
喋り感覚の即時入力というのはやったことがないので、入力はいつまで経っても遅いです、
っていうか、急ぐと打ち間違いが多くなってきました;
楽器のほうもなんだか、同じように鈍った感じです・・;

michael #xNtCea2Y | URL
2019/10/29 21:35 | edit

こんばんは。
一般的な QWERTY 配列は、タイプライターのキー配列ですね。
効率的なキー配列かと思うと必ずしもそうではなく、この配列になったのにはいくつか理由があるようです。

英文での使用頻度と相関させた配列として、Dvorak 配列というのもあります。
一般的なキーボードでも無理やりDvorak 配列にすることができるようです。

>親指シフト
<昔仕事で使ってたのが親指シフトキーボードでしたが、面倒なのでローマ字入力(w
慣れれば早いのでしょうが、慣れるまでが・・・

リュートの奇士 #nLnvUwLc | URL
2019/10/29 23:27 | edit

奇士さん こんばんは

>Dvorak 配列
中段のキーに母音とよく使われる子音が来ているな、というのがわかりました。

一番最初に慣れたキーボードが結局使いやすいでしょうが、業務上効率が下がる、という場合は替えることも検討・・しかし複数の種類を憶える、というのはどうなのかなあ;
タブラチュアのフランス式とイタリア式は上下が変わるだけで、本質は同じと言えるのでさほど問題なさそうですが。 ドイツ式は別として;

michael #xNtCea2Y | URL
2019/10/30 00:23 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/2400-605a8514
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック