FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

TESS:ハビタブル圏惑星発見  

2018年から稼働中の系外惑星探査衛星:TESSが新たにハビタブル圏にある、地球に近いサイズの惑星を発見した、 
nasa tess
系外惑星探査衛星:TESS
(*TESSについては過去記事を書いた:ドップラー法,トランジット法

今回はかじき座、約100光年にあるM型矮星:TOI 700の周りに3つの惑星が見つかった、一番外側を廻る惑星:TOI 700d がハビタブル圏にあり、地球の1.2倍ほどの大きさらしく、37日で公転している、
PIA23407_hires_20200111114841b89.jpg
因みに一番内側のTOI 700bは地球と同じサイズの岩石惑星で10日で公転、二番目TOI 700cは地球の2.6倍のガス惑星とみられ、16日で公転。
主星は表面温度3500Kという省エネの恒星で、ハビタブル圏は太陽系の水星軌道より小さい、例のごとく、この距離を廻る惑星は主星に潮汐ロックされていて、常に同じ面を主星に向けていると思われる、これは地球と月の関係のように自転軸を安定させる利点はある、
NASAが発表したTOI 700dの想像図はこれだが、
TOI 700 d
TOI 700 d
このようなアイボールアースの姿かもしれない、
TRAPPIST-1f.jpg
TRAPPIST-1f
今回の特筆は主星:TOI 700の観測を11か月続けた間、フレア(表面爆発)現象が起きていないとの事で、この状態で安定した恒星であれば、生命にとって大きな問題を一つクリアしているかもしれない、
Flare_20200111130551b42.jpg
*フレアが激しいと、大気も水も剥ぎ取られてしまう
観測データを元にいくつかTOI 700dの環境モデルが作られており、水に覆われCO2の大気を持つ想定も含まれるそうだ、
いずれ、J.W宇宙望遠鏡などで詳細に調べられる対象となるだろう。
NASAの動画参照
TESS you
you tube:TESS Mission's First Earth-size World in Star's Habitable-zone

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
にほんブログ村
関連記事

category: 宇宙・天体

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/2474-27fa3aa3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック