FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

N.エクルンド:L.Mozart trp Con . etc  

リュートの場合、ガット弦を使わないと真に古楽器とは言えないが、現代の公開演奏では調弦の安定性で使用困難なところがある(現代のガット弦にも歴史的製法に無いものがある)、 
また、古楽器のtrpで真にナチュラルtrpと言えるのは管の途中に何の仕掛けもない楽器だが、
N trp
ナチュラルトランペット
現代は正確な音程を得るために"補正孔(vent hole)"を施した楽器が主に使われる、
B trp
補正孔付きバロックトランペット
lute共々"現代古楽器"と言うべきものだが、楽器のオリジナル性は損なっていないので、古楽器として受け入れられている。

さて、しばらくぶりに爽快なtrpが聴きたくなった、
まず、レオポルト・モーツァルトのtrp協奏曲 ニ長調をニクラス・エクルンドの演奏で、使用楽器は補正孔付き、右手で孔を開閉する、
n e trp cd01
ニクラス・エクルンド(バロックtrp)
ドロットニングホルム・バロック・アンサンブル

前期古典派らしい気品ある趣きで、緩、急の2楽章、第一楽章が朗々とした美しさを聴かせる、高域へオクターヴ跳躍するところはいつ聴いても魅了する、
l moz trp
バロックtrpの名手、エクルンドの透明かつ滑らかな響きで満喫できる、
n e moz trp
you tube:Leopold Mozart - Trumpet Concerto in D-major (1762)

もう1曲好きな曲で、ミヒャエル・ハイドンのtrp協奏曲No.2 ハ長調
n e trp cd02
ザルツブルクでモーツァルト父子と仕事仲間だったM.ハイドン、形式も同じく緩、急の2楽章、共通のtrp名手のために書かれたのかもしれない、
第一楽章の高域を奏でる技巧がより高度になり、スリリングな聴きどころ、エクルンドの安定した美音が響く、
n e hay trp
you tube:Michael Haydn - Trumpet Concerto No.2 in C-major

*因みに現在、真正なナチュラルtrpでレコーディングしているのは、ジャン・フランソワ・マドゥーフである、右手で楽器を持ち、左手は腰に当てなにもしない(歴史的構え)、
楽器を演奏する姿では、これが一番かっこいいかも^^
bach bran
you tube:Bach BWV1047 3 1 La Petite Bande

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

category: その他・古典派

tb: 0   cm: 5

コメント

音源紹介ありがとうございます。

こんにちは、いつも大変お世話になっております。
一番上がクラリーノと呼ばれるものでしょうか。
ピリオド演奏で探す予定だったのでこの情報はとても嬉しいです。
ありがとうございます。

よしな #- | URL
2020/01/13 14:21 | edit

エクルンド!

ニクラス・エクルンドの「バロック・トランペットの芸術は素晴らしいディスクで、私も図書館のレコードコンサート「ギター」の会で紹介しました。

yositaka #- | URL
2020/01/13 14:24 | edit

訂正

おっと、訂正。ギターの回ではなくトランペットの回でした。

yositaka #- | URL
2020/01/13 14:27 | edit

よしなさん こんばんは

クラリーノは高音域を奏でるtrpで独奏にも使われたとあるので、ここで言う
ナチュラルtrp(一番上)に当たるようです。
エクルンドの演奏、アンサンブルとも素晴らしく、お薦めかと思います。

michael #xNtCea2Y | URL
2020/01/13 20:18 | edit

yositakaさん こんばんは

NAXOSから出たエクルンドによるシリーズは素晴らしいですね、
それぞれの時代のtrpの魅力を知ってもらう機会だったので
しょうか、ひじょうに有意義な回ですね。

michael #xNtCea2Y | URL
2020/01/13 20:27 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/2476-4c4c9147
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック