FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

自然な編曲  

他の楽器に編曲された結果、イマイチという例も多いが、これは良い、面白いと思った例を思い出した範囲で拾ってみた、
クラシカルで聴き応えのあるレパートリーの少ない楽器は、適した曲を発掘し編曲して取上げる事が多いが、あまり曲芸的なテクニックで聴かせるというのも好きではない、やはり向き不向きがあり、しっくり自然に味わえるのが良い、

まず、クラシックギターのレパートリーを拡充したのがアンドレス・セゴビアだった、ジローラモ・フレスコバルディ(1583-1643)の鍵盤作品で「ラ・フレスコバルダ」と題されたアリアと変奏は古くからお馴染みだが、初期バロックの魅力をギターに移す格好の曲だった、
原曲はこのとおり、
la Frescobalda
you yube:Girolamo Frescobaldi: Aria detta la Frescobalda
次にA.セゴビアによる編曲、変奏順は入れ替えている、
segovia.jpg
you tube:Aria con variazioni detta la Frescobalda

モーリス・アンドレも同様にソロ・トランペットのための編曲、演奏に熱心だった、ジュゼッペ・タルティーニ(1692-1770)のvn協奏曲 D.53をtrp協奏曲に編曲しているが、まず原曲はこのとおり、
Violin Concerto
you tube:Violin Concerto in E Major, D. 53:
I. Allegro II. Andante III. Allegro assai
アンドレはtrpでいけると閃いたのだろうか、主題はtrpに相応しい趣き、しかしvn的な技法もあるのは当然、
andre_202001220911054d6.jpg
you tube:Trumpet Concerto in D major :
I Allegro moderato II Andante III Allegro grazioso
アンドレ級のテクニックで演奏するので曲芸的に聞こえないのかもしれない、その後、O.E.アントンセンやR.シメオもこの曲を録音している、

最後にこれは目の付け所が良い、という編曲、原曲はG.F.テレマンの3つのvnのための協奏曲で「ターフェルムジーク」に含まれる曲だ、原曲はこのとおり、イタリア様式で書かれている、(音量注意)
TWV 53 F1
you tube:G.PH. TELEMANN: «Musique de table» [P.II] Concerto for 3 Violins in F major TWV 53:F1
独奏楽器をマンドリン、ハープ、ハンマード・ダルシマー、とすべて弦をはじく(若しくは叩く)楽器に置き換えており、編曲者はPeter Huthとあるが、これも原曲の趣きから閃いたのだろうか、レコーディングのための編曲で、いずれも当時存在した楽器だ、
TWV 53 F1 02
you tube:G.PH. TELEMANN: Concerto for Mandolin, Hammered Dulcimer and Harp in F major TWV 53:F1
3つの楽章で、始まりはマンドリンが聞こえてヴィヴァルディ風の印象、同じ音域で少しずつ音の違う、撥(&打)弦楽器が交錯する、楽器にもお国柄を感じ、マンドリンはイタリア風だが、ハンマード・ダルシマーが聞こえるとどこか東欧又は東洋風になり、多国籍な感じ、通奏低音にもチェンバロとリュートが入り、撥弦だらけで面白い^^
第2楽章はニ短調になり、撥弦同士のメランコリックな趣きが効果的で、ヘンデルのハープ協奏曲のような深みが出る、この編曲を思いついたのが素晴らしい。
20190915121132f3b_20200122093601f23.jpg
ハンマード・ダルシマー
元々、テレマンは多楽器のための曲を多く書いている、

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

category: その他・バロック

tb: 0   cm: 2

コメント

偉大な先人

こんにちは。
いつも大変お世話になっております。

セゴビアもアンドレもレパートリーを拡張していったお陰で現代を充実した貢献に感謝で一杯になります。
また、それだけの技巧も持ち合わせていたからこそですが、タイトルにあるように自然な編曲を、楽器に合ったもので成したという意義の大きさを感じます。

素敵な記事をありがとうございます。

よしな #- | URL
2020/01/22 15:00 | edit

よしなさん こんばんは

セゴビアとアンドレ、各々の楽器を自分の声のように歌わせていたのが素晴らしく、続く演奏家達の目標になっているのも偉大ですね。
個人的にも両者の演奏は、リュートやバロック音楽に興味を持つ入り口でもあったわけで恩恵をうけています。

michael #xNtCea2Y | URL
2020/01/22 21:53 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/2485-ef4f8d75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック