FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

バッハ・コンセントゥス:Bach's Sonsの交響曲集  

ベルギーの古楽レーベルACCENTを手にするのは久しぶりです。最近はS.クイケン、ラ・プティット・バンドの新譜も出てきていますね。今日はエーヴァルト・デメイエル&バッハ・コンセントゥスによるBach's Sons交響曲集でヨハン・クリストフ・フリードリヒ、カール・フィリップ・エマヌエル、ヨハン・クリスティアンを集めた1枚。録音は情報量は十分あって爽快なサウンド。

bach sons sym

まず1曲目、フリードリヒの変ホ長調がいい、旋律の振りまわしなどややグルック風で明るく快調な第一楽章、反復なしの提示部に展開部が続き再現部はほぼ提示部と同じ、全体をさらりと聴かせる。弦楽のみの第二楽章は雅び、終楽章も快活なリズムで小気味よく冴えた楽章。

2曲目、エマヌエルのホ短調は弦楽のみの編成、これも現代ウケのよい曲ですね。程よい切れ味をもって演奏される第一楽章は切迫感があり、同じゼクエンツをこれでもか、というくらい押します、静寂になってフっと終わる。長調の第二楽章もねばりが強く、低弦部のトリルが力強さを出す。終楽章は付点リズムで切れ味よい。

3曲目、クリスティアンの変ホ長調、第一印象が先日のG.B.サンマルティーニの後期交響曲を彷彿とさせるところがある、快調な中にも小味の効いた第一楽章。第二楽章も装飾ぎみの旋律が使われ、表情豊か。終楽章のソナタ形式?の展開部、さすがにこの時期、さほどの内容は期待できないが、全体は小気味よく整っている。

4曲目、フリードリヒのニ短調、兄エマヌエルの多感様式の要素も入っている感じだが、心地よく魅力的な第一楽章、静寂にして終わる。第二楽章は弦のみで雅びな味わい。ニ短調の終楽章はロンド風、快活なテーマがいい。

5曲目、クリスティアンのト短調、モーツァルトの25番やハイドンの39番との関連性を言われるが、もっと濃密なエネルギーを感じる傑作ですね。第一楽章はホルンの唸りを伴い力強い主題で始まり、疾走する魅力。第二楽章も短調でなかなか深みを聴かせます。終楽章は再びホルンを伴う力強いテーマ、明るさも置き、後半はvlの鋭いトレモロとともに同じゼクエンツで転調、深みへ誘っていきます、再現部らしきものはなく、緊張の内に途切れるように終わる。まだ厳密なソナタ形式というのは整っていない時期でしたかね、シュターミッツが確立したそうですが。

つまらない曲は一つもなく演奏も良い、これからBach's Sonsを聴いてみようという人にはオススメですね。若いメンバーのバッハ・コンセントゥス、コンチェルト等も次々出してほしいところ。フリーデマンは別のアルバムで出るかも?
関連記事

category: Sons of Bach

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/250-f0a16221
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック