FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

ヴィヴァルディ「四季」:音盤歴  

クラシック音楽に興味を持てばいずれ聴くことになるヴィヴァルディの「四季」だが、これも最初は千円盤を小遣いで買った、たしかヘンデルの「水上の音楽」と一緒に買ってきた記憶、この頃はレコードを買い足すたびにわくわくしていた。
「四季」はコロムビアのダイヤモンドシリーズにあった、近年、再び見つけて聴いてみたが、こういうのは初めての食品のように懐かしい味を耳で感じる、
vivaldi 01
ローラン・ドゥアット指揮、スイス・イタリア放送合奏団
高域が強めの録音だが爽快なサウンドで嫌味がない、演奏はレガート基調、ソロvnは「四季」のソネットに沿った描写を聴かせ、遊び心がある、バックの合奏は強弱の対比を深くし、弦楽シンフォニーといったところ、確かにヴィヴァルディは交響曲の祖かもしれない、合奏のvn1とvn2を左右に配置し、「夏」の終楽章など効果的。

次に買ったのはやはり千円盤でエラートのバロックシリーズ
vivaldi 02
クルト・レーデル:指揮
ミュンヘン・プロ・アルテ室内O
オットー・ビュヒナー:vn

ステレオで'50年代終り頃と思われるが、音響的には地味な録音で、こちらはドイツ的というか、折り目正しい感覚、当時は装飾演奏というのは皆無と言えたが、当盤は緩叙楽章でO.ビュヒナーが積極的な装飾演奏を行なっている、今の古楽奏法からすれば真っ向から聴けるものではないが退屈させない、
you tube:Vivaldi "Le quattro stagioni (The Four Seasons)" - Kurt Redel (from LP)

*イ・ムジチ盤はもっぱら知人が持っているのを借りて聴き、新鮮な演奏を求めた。
最新盤は購入した、過去記事:イ・ムジチ:ヴィヴァルディ「四季」最新盤

古楽の時代に入り、N.アーノンクール、S.クイケン、J.シュレーダーなどが先駆けて録音した、'80年代に録音された、T.ピノック,English ConcertとC.ホグウッド,AAMの2枚は過不足のない完成形として今も愛聴盤である、両盤とも、リュート、ギターが通奏低音で入った初めての録音で、ナイジェル・ノースが弾いている、
20181119 (2)
サイモン・スタンディジ(ヴァイオリン)
ナイジェル・ノース(テオルボ)
ロバート・ウーリー(オルガン)
トレヴァー・ピノック(指揮&チェンバロ)
イングリッシュ・コンサート
1981年10月 ロンドン、ヘンリー・ウッド・ホール(アルヒーフ 旧西独盤)

you tube:Vivaldi 4 Seasons. Trevor Pinnock/Simon Standage

20181119 (1)
クリストファー・ハイロンズほか(vn)
N.ノース(テオルボ、ギター)
クリストファー・ホグウッド(指揮&鍵盤)
エンシェント室内O
1980年 オワゾリール

you tube:Vivaldi: Concerto for Violin and Strings in E, Op.8, No.1, RV.269

その後も過去記事に挙げたように各々興味深く新鮮な楽しみがあった。
M.ハジェット:ヴィヴァルディ「四季」
J.ラモン&ターフェルムジーク:ヴィヴァルディ「四季」
フライブルク・バロック0:ヴィヴァルディ「四季」
アカデミア・ビザンチナ:ヴィヴァルディ「四季」

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

category: ヴィヴァルディ

tb: 0   cm: 2

コメント

こんばんは。

「ヴィヴァルディの四季が好き」というと,「こいつ,シロウトだな」という目で見られることが何度かありました。でも,この曲が好きなんですよね。
いろんな盤を聞きましたが,まったく知らなかったようなレーベルの盤にいい録音がけっこうあって,ひところ夢中になって集めました。
ひさしぶりに聞こうかな!

リキ #mQop/nM. | URL
2020/02/09 20:22 | edit

リキさん こんばんは

>「ヴィヴァルディの四季が好き」、「こいつ,シロウトだな」
ソリストや通奏低音のセンスが良い演奏に限る・・など、とりあえずかませてやれば、
「あなどれない」と見られますね^^
演奏者、レーベルとも有名どころ以外にも探せばお気に入り盤がありますね。

michael #xNtCea2Y | URL
2020/02/09 22:07 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/2503-05d47c45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック