FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

地球外生命の存在確率  

「現に地球があるのだから」という根拠で、宇宙には銀河系だけでも生命の居る惑星が多数存在し、人類レベルの知的生命も居るだろう、と推測がされてきたが、科学的、客観的見地からは曖昧な憶測に過ぎない、 
20063_earth.jpg
有名なSETI(地球外知的生命体探査)のドレイク方程式、
001_20200213094608fa7.jpg(→Wikipedia
これも希望的観測の掛け合わせに過ぎない。
NASAが探査しているハビタブル圏の系外惑星も、『もし生命が発生していたら』 生存可能かもしれない、に留まる。何かにつけ、地球に似た環境があれば、当然のように生命がいるような発想がされがちだが、一番難しいのは生命発生のプロセスである、
我々の知っている生命は地球にあるタイプが唯一だが、同タイプの生命がどの程度、知っている範囲の宇宙に存在するか、その可能性が宇宙論と生命科学を根拠に初めて検討された(2020年2月7日、東京大学大学院理学系研究科
DNA RNA
DNAやRNAの基本ブロックとなるヌクレオチド(核酸塩基)4種が長く繫がり、情報保存や複製を作れる機能をもち、生命の材料となるまでが、ランダムな結合の結果、『偶然出来上がる確率』を計算したところ、可能性が生じるには、10の40乗個~10の180乗個の星が宇宙にある必要があり、我々の観測可能な宇宙、半径138億光年以内にある銀河全ての星(10の22乗個)を合わせても足りないという結果が出た、もちろん宇宙はその外にも拡がっていると考えられ、インフレーション宇宙モデルが正しければ、宇宙の大きさは少なくとも10の78乗倍以上に広がっているので、可能性は十分あり得ることになる。

PS.我々の観測可能な宇宙は光が出発したときの距離で、光路距離138億光年となるが、宇宙は膨張しているので現時点では共動距離470億光年まで遠ざかっている、生命存在の可能性を得るにはもっと遙かに外までの範囲が必要になる。
004_20200213211411ee7.jpg
138 470
観測可能な宇宙の範囲
生命組織はまるで神様が巧妙に設計したかのように見えるが;生命科学の観点からもっと効率のよいRNA生成プロセスが見いだされればこの結果も大きく変わる。
以上はごく原始的な初期生命の発生の事だが、前述のドレイクの方程式のNにあたる知的生命が仮にいたとしても、交信可能な近くにいる可能性は極めて低いとみられる。

いつも知りたいと思っていることを集約すると、
・生命の発生プロセス ・宇宙は無限か ・空間の正体 ・宇宙は何故あるのか 
などだが、わかる日は来るのだろうか;

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
にほんブログ村
関連記事

category: 宇宙・天体

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/2507-d1cd4caa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック