FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

J.B.ヴァンハル:Sym C minor (更新)  

短調には何か訴えかける様相があり、古典派でも作曲者の私的な一面が色濃く感じられるようで、個性が出る気がしてそこが興味深い、 
今日取り上げる、ヨハン・バプティスト・ヴァンハル(1739-1813)はボヘミア出身でハイドンと同時期、ウィーンで活躍した人気作曲家で、特定の雇い主に仕えない最初のフリー作曲家だったとされる。 
Vanhal_20190129105319b14.jpg
Johann Baptist Vanhal
ヴァンハルは結構、短調交響曲を書いているが特に傑作と思う交響曲 C minorを取り上げる、全楽章、短調で書かれている、
ハイドン、モーツァルトともに短調交響曲では緊迫感を持つ簡潔な主題を用いているが、
hay sym45 b
*ハイドン Sym No.45「告別」より
moz s25
*モーツァルト Sym No.25より
ヴァンハルはメロディアスな流れを持つのも特徴、
なお当曲の参考スコアはなかったので割愛。
手持ちの音盤ではNAXOS盤のケヴィン・マロン指揮、トロント・カメラータが良いと思う。
20190129105054ede_20200401110108a3b.jpg
第1楽章から親しみやすい、trp、timpが加わっているのも特徴で力感も聴かせる、またこの曲でも第2主題らしいものがない、展開部はハイドンのようなポリフォニックな書法はあまりないが、再現部を含め味わい深い運びで結ぶ、
第2楽章、ハイドンとはタイプが違う緩叙楽章で、優美にまとめる。
メヌエットも旋律美をもった主題である、トリオもメヌエット主題の一部で書かれている、
終楽章、急速感と力感をもった楽章だが、ゴツゴツした感覚はない、展開部、再現部も魅力な聴きどころとしている。
ウィーンで人気だったであろう、旋律美の作曲家と言える作風だ。

you tubeはとりあえず、マティアス・バーメルト指揮、London Mozart Players による演奏(全楽章続くように挙げてある)、ただし楽譜は原典と違う音があるようだ、
van sym you
you tube:Johann Baptist Vanhal, Symphony in C minor, I Allegro moderato

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

category: J.B.ヴァンハル

tb: 0   cm: 4

コメント

ヴァンハル!子どもの頃 弾きましたよ!懐かしい〜
(「こどものソナチネ」という、普通のソナチネアルバムに入っていない曲ばかりを集めた楽譜に入っていたのです)
動画を探したらありました!https://www.youtube.com/watch?v=g65H-2bHgDk

無料楽譜サイトをチェックしてみたら、レベル的にもサイズ的にもシューイチのネタになりそうな曲たちも結構あったので、そのうち練習してアップしたいと思います。

紹介してくださった短調の交響曲 なかなかいいですね♪ 第2楽章が好きです!

私はタワシ #5eVrhZok | URL
2020/04/06 08:32 | edit

タワシさん こんにちは

モーツァルトの小品は「 知ってる、弾いたことある、」って言われそうだけど、ヴァンハルは狙いどころですね^^
動画の曲もいいですし、6 Sonatinas for Pianoforte などハンガリー舞曲やワルツも入っていて興味深いです、

録音アップ、楽しみにしていますv

michael #xNtCea2Y | URL
2020/04/06 10:47 | edit

こんにちは。

ヴァンハルのハ短調交響曲、何度も聴きました。
その他の曲も聴いています。
たしかにハ短調交響曲は魅力的な交響曲ですね。
モーツァルトもこの交響曲に刺激された、としてもおかしくはありません。
また、ヴァンハルの交響曲は同世代や、のちの世代に大きな影響を与えたとしても不思議ではありません。
ヴァンハルの「情報」を調べてみてもほとんどありませんでした。
ですが、現代に「もっと復活」してもおかしくない作曲家です。
イタリアにも遊学したのか分かりませんが、イタリアの音楽からの影響も見られるようです。

yamashiro94 #- | URL
2020/04/07 16:08 | edit

yamashiroさん こんばんは

ヴァンハルも隅に置けないと思っていましたが、共感いただいて心強いですv
詳細はわかりませんが、ヴァンハルも欧州修行の旅をしているようですね、
作品は当時のアメリカでも演奏され、人気が高かったらしいです。
曲は魅力的でも演奏家やレコード会社が取上げ、さらには聴衆が求めないと
知名度が上がりませんね、
モーツァルトをやれば客が来る、っていうのが相変わらずのようで。

michael #xNtCea2Y | URL
2020/04/07 19:46 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/2555-162eb2d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック