FC2ブログ

Classic音楽,リュート,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

R.クーベリック:Dvořák Sym No.8 (更新)  

手持ちのターンテーブルは時折、水平を確認している、 
suihei 02
ヘッドシェルは首が固定のものが多いが、回転して調整できるほうが望ましい、
Head shell
アームとの取付け部分も角度にアソビがあるので、締め付けのとき水平に注意、
suihei_20200409144619f5b.jpg
概ね水平ならOK、

さて、とても良かったという憶えはあるが、久しく聴いていなかったクーベリックのDvořák、Sym No.8、No.9「新世界」と2枚組になったLPを中古ショップで何気なく購入したが、なかなかの名盤で、1966年録音のNo.8が特に気に入った、D.Gramophonのバランス・エンジニアはG.ヘルマンスだが、カラヤン盤とは違った感じに聞こえる、弦楽の押し出し感は強く各パートが集中的に響き、東のD.Schallplattenとは対称的なサウンド仕上げと言えようか?
r k dvo s8 02
ラファエル・クーベリック指揮
ベルリン・フィルハーモニーO

r k dvo s8 01

ドヴォルザークはvnの高域を多用したハーモニーが爽快。
sc01 103
ハイドンの時代からの交響曲の形式を引き継いでいるものの、ドヴォルザークはさすがに各楽章が多様な要素で交響詩的内容になってくる、第一楽章展開部も何段かで構成され、対位法的な部分も聴きどころ、アイデア満載のところはハイドンに通ずる感がある。
クーベリックは抒情的な部分の柔軟でデリケートな表現の一方、活発な部分では思い切り切れ味よく、第一楽章の中で存分に聴かせる。ドヴォルザークは一つの楽章の中でテンポの変化を指定しているが、それをどう実感的に捉えるかはやはり指揮者の音楽性になるが、クーベリックも自然に設定していく。
第二楽章は三部形式でドラマティックな展開、弦楽は厚く深々と始め、スケール大きく描いていく、
第三楽章のお馴染みの美しい主題、BPOの味わいは申し分ない、
終楽章は快速ぎみ、開始のtrpがじつにブリリアント、トルコ行進曲風の部分も速めの歩調で一段と引き締める。
sc04 123
r k dvo s8 you
you tube:Dvorák: Symphony No.8 In G, Op.88, B. 163 -
1. Allegro con brio 2. Adagio
3. Allegretto grazioso - Molto vivace
4. Allegro ma non troppo

ご覧いただき ありがとうございました。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

category: ドヴォルザーク

tb: 0   cm: 2

コメント

michael さん,こんばんは。

ドボルザークの8番,いい曲ですよね~。
演奏してきた曲の中ではダントツ一位だと思うほど好きです。

どうでもいいことですが,最後の譜例の部分は,仲間内で「コガネムシ」と呼ばれていました。「こ,こ,こ~,こがねむし~」ってね。

リキ #mQop/nM. | URL
2020/04/09 21:11 | edit

リキさん こんばんは

演奏される側としても良い曲なんですね、
聴く立場ではわからない事を教えていただき、いつも興味深いですv

>こがねむし~
一小節半、ほんとに童謡「こがね虫」ですね面白いです、
ここのヴィオラパートも聴くと、いつも頭には
「ズンタ、ズンタ、ズンタカタッタ、」が響いてきます^^



michael #xNtCea2Y | URL
2020/04/09 22:14 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/2563-d1556e0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック