FC2ブログ

Classic音楽,リュート,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

納豆と豆腐  

今日はとても素朴な食品の話、 
食品には一見、知らなければとても食べられそうにないものがある、納豆は単に豆が腐ったもの、と始め思うだろう、これを誰かが食べてみた・・大豆のタンパク質を納豆菌がグルタミン酸に変え、うま味が増していた、
daizu.jpg
大豆は縄文時代に伝来したらしいが、納豆という食品がいつ作られたのか諸説あり、よく聞くのが稲作が始まった弥生時代、当時の住居には稲藁が敷き詰められ、そこに茹でた大豆が落ちて、納豆になったのが始まり・・という推測もあるが?、稲藁に含まれる納豆菌と大豆の偶然の出会いがあったのは間違いないだろう、
筆者が小児の頃は八百屋に稲藁でくるんだ納豆が売られていた、ずっと昔からの製法だろう、
natto.jpg
幼児の頃からこの藁っぽい匂いと粘りに興味半分で馴染んでいったと思う、
*稲でも麦でも、ワラが敷きつめててあると、なんだかほっこりして寝ころびたくなる、ワラ山に潜って遊んだり^^
納豆菌さえ移植すれば稲藁は必要ない、大量生産が始まって、すぐに紙を折って包んだ形に変わり、現在のような一食分サイズのパックになった、
20200411115235549_20200411202933465.jpg
昔の納豆は普通の大豆で、今のように小粒ではなかった、大豆を茹でて、市販の納豆から菌を移して自家製で作ったことがあるが、美味しくできた、
eda kuro
えだ豆納豆、黒豆納豆、
普通、豆を腐らせた方を豆腐といい、型に納めた方を納豆と呼ぶべきと言われるが、呼び名は入れ替わっておらず、歴史的に正しい、

豆腐はまさしくタンパクな味、よくこんなヤワで薄味な食品を考えついたもんだと思う、しかし醤油などちょっと調味料をかけると、薄味な中に何とも言えぬ植物的な?風味とコクがある、豆腐が食べられない・・となればすごく物足りないだろう、無性に冷や奴など欲しくなる、
hiyayakko.jpgatuage.jpg
豆乳の分子を「にがり」という凝固剤で結合させプリン状にする、にがりは海水から塩を作る際の副産物で塩化マグネシウムが主成分だそうだが、誰がこの製法を見つけたのか?
同じ大豆から、味付けする側の醤油や味噌ができる、大豆がらみの食品は不思議に面白い、
syoyu.jpg

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

category: 昭和の記憶

tb: 0   cm: 4

コメント

納豆菌について

大昔サックスのプラスチックのリードで書き込みをさせて頂いて以来、このブログをたまに訪れてはふむふむと本当に勉強になるなと思って楽しんでおります。
久々に蛇足ながら今日は納豆好きとしてコメントをさせて頂きたい(笑)

納豆菌にも色々種類があって市販品のものは納豆の匂いが弱めのものを選別して用いられていると聞いたことがあります。納豆特有の力強さが好きな私としては「におわなっとう」とか万人受けしやすいよう虚勢した!?様に感じます(笑)もちろんそれはその良さはあって美味しいですけどね。やっぱり藁のほっこりした中で育まれたちょっと値の張る昔ながらの納豆は良いですよ〜。私は香り高い納豆に出会うとジップに入れてちょっと冷凍して自家製納豆の種菌としてストックしてます。でもその藁で育った親にはどうしても敵わない感じがするんですけどね、子育ては難しい(笑)

和音好き #- | URL
2020/04/12 04:52 | edit

納豆の大きさ
それもまた好みが分かれますが
最近はひきわりが美味しいと思えておりました。

朝弁 #- | URL
2020/04/12 09:12 | edit

和音好きさん こんにちは

こういう話にコメントいただくと楽しいですv
>サックスのプラスチックのリード
どんな話だったか、すぐに思い出せませんでした、懐かしいです^^

選別した納豆菌で匂わなくする、苦手な人にはよい方法と思いますが、なにか不純物を取り除いたものって味気ない気がします、
自然界の雑多な風味、というのが好きなので、これは稲藁でないと作れないでしょうね、
藁をたくさんくれるところがあるので、自家製で作ってみようかと思います、調理とはまた違う、育てる楽しみですね。

michael #xNtCea2Y | URL
2020/04/12 14:13 | edit

朝弁さん こんにちは

いつも小粒や挽き割りなど、細かいのを買ってきて、大粒にはご無沙汰しています、
大粒でも発酵が進んで豆が柔らかくなったのも美味しかったと思います、大抵買ってきてから2、3日置いて食べていました。

michael #xNtCea2Y | URL
2020/04/12 14:22 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/2565-09f85b92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック