FC2ブログ

Classic音楽,リュート,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

ひょっこりひょうたん島:再演版DVD  

今日も昭和の話、NHKは総合TVも夕方はお子様タイムがあって、連続話の人形劇が平日の毎日放送されていた、代表的なのは井上ひさし台本の「ひょっこりひょうたん島」(1964~1969年)、この頃、前回の東京オリンピックに合わせ、我家もカラーTVを導入、ひょうたん島も【カラー】放送になり、その記憶が強い、 
hyotanjima.jpg
セリフを先に録音し、人形をそれに合わせて動かして収録するという手法だったそうだ、いつも場面に合わせた歌が作曲され、ミュージカル形式だったのも手がかかっている、
当時は撮影用のビテオテープが高価で、前の収録を消去して次の収録に使ったということで、オリジナルの録画は一部しか残っていない、台本も多くが保存されていなかったそうだ、
当時、番組のファンだった人が各場面のスケッチやセリフを書き残していて、これらをもとに再演版が制作された、声優陣は殆ど当時の人達で調子はそのまま、ひとみ座の人形、音楽とも、徹底した再演で、雰囲気もそのまま、
hyoutanjima DVD 02
非常にマニアックで手をかけている、よくぞ制作したと思う、この再演シリーズも特番ながら1991年~1996年まで、期間としてけっこう長く続いた、懐かしむ大人と、その子供が楽しめたようだ。

ひととおりTVでの放送をVHS録画して見たが、平成生まれの息子も今はないギャグのパターンや思い切りトボけた話の設定など、ずいぶん面白がっていた、今風にツッコミ入れるなら、「(問題は)そこじゃないだろ!」みたいな^^
ガバチョとトラヒゲは名コンビ、いつもコント風になる、ハカセの中山千夏さん、サンデー先生の楠トシエさん、海賊ガラクータの若山弦蔵さんの声など懐かしい、4人の海賊で好きなキャラがトウヘンボク(柳沢真一さん)だった、人形のデザイン、仕掛けも各々個性的で面白い、
孤島のひょうたん島にあるトラヒゲデパートにいつの間に物資が補給されるのか?などこんなトボけた謎も可笑しい、

特に記憶に残って面白かったのが初期の「海賊の巻」、4人の海賊のドジっぷりが最高、
3人の魔女が登場する「グレート・マジョリタンの巻」では海賊4人も加わって面白い、
当時のガバチョ(藤村有弘さん)と魔女ペラ(黒柳徹子さん)の早口対決が見事だった、
hyoutanjima DVD 01
随分前にこれらのDVDを取り寄せ、まだ開封していない;これは寝かせておいて、昔のおもちゃ箱をもう一度開けてみるような楽しみがあるv そろそろ見てもよいかな^^

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

category: 映画・TV・DVD

tb: 0   cm: 4

コメント

こんにちは。

私も「ひょっこりひょうたん島」を欠かさず見ていました。
なつかしいですね。
再演版というのは知らなかったです。
YouTubeで調べてみると、"50年前の人形劇「ひょっこりひょうたん島」"というのがありました。
1回分だけですが、雰囲気は味わえます。

yamashiro94 #- | URL
2020/04/13 13:43 | edit

yamashiroさん こんばんは

再演版は過去の放送の画質を良くして蘇らさせた感じです。
you tubeで見られる雰囲気そのままです、
声優さん達も演じたキャラクターの調子をすっかり覚えて
いるんでしょうね、毎日やってましたし。

michael #xNtCea2Y | URL
2020/04/13 21:39 | edit

こんばんは。
私も初めてカラーテレビで「ひょっこりひょうたん島」を見たときの綺麗!という記憶が今でも残っています。
主題歌も中で歌われていた曲もいまだに記憶にあります。
懐かしいですね。

jupimoon74 #- | URL
2020/04/13 22:06 | edit

jupimoonさん こんばんは

初期のカラーTVは色調節がついていて、放送局や番組ごとに納得のいく色合いにするのが難しかったです;ひょうたん島を見ながら、やたらいじったのを憶えています。
ブラウン管も徐々に向上し、色彩やフォーカスもよくなっていきましたね。

michael #xNtCea2Y | URL
2020/04/13 23:10 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/2567-238641a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック