FC2ブログ

Classic音楽,リュート,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

アサリの紋様  

昭和30年代になるが;;幼児の頃、豊橋市の親戚に行き、三河湾の砂浜で潮干狩りをよくやった、今は埋め立てなど環境破壊でサッパリだろう、 
toyohashi 04
当時ここで採れたのは大半がハマグリでアサリは少数派だった、ハマグリで有名なのは桑名だが、広域的に見れば似た環境で生息しやすい場所だったようだ、
hamaguri.jpgハマグリ
当時はその気になれば天然ものがタライに一杯でも採れた、味噌汁にして、お椀じゃ小さいので丼にてんこ盛りにして食べたと思う、ハマグリの隙間に汁があるような、
misoshiru.jpg
少ないアサリを寄りだして食べるのが楽しみだった、味の違いは殆どわからないが^^
残ったのでしぐれ煮も作った。
こんなカニ(ガザミの仲間)も転がった石をどかすと隠れていた、これも茹でて食べるv
gazami.jpg
その後も潮干狩りというのは子供にとって楽しいもの、中学校の遠足では「貸し切り電車」で行ったことがある、名鉄駅には三河方面に潮干狩りに行く客のために干潮の日時を知らせる表があったと思う、

アサリの貝殻には見ていて飽きない紋様がある(ハマグリにはあまり見られない)、
子供ながら、山水画のような風流な絵が好きだったが、アサリの貝殻にはそれを思わせる紋様もあって、気に入った殻は取っておいたものだ、殻は成長とともに拡がっていくので、おのずと"山"や"家屋の屋根"を思わせる模様になりやすい、
asari syugoアサリ
山を背景にした森と峠茶屋、とか、あるいは織物のエンドレス模様とか・・何かに見える紋様がよくできる、何かに見えなくても、焼き物の釉薬のような味わいがある、
yuyaku_2020041522355487b.jpg
色合いもモノクロ系ばかりじゃなく、紺やオレンジ系の鮮やかなのもあったりする、成長の途中でパターンが変わったり、
なぜこのような紋様が現われるのか、研究報告もいろいろあるが、よくわからないようだ。
ある海岸に居たアサリを別の海岸に移すと、以後、紋様のパターンは変わるのか・・とか?

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

category: 昭和の記憶

tb: 0   cm: 4

コメント

こんばんは。

驚きました!よく見たら,アサリの殻に風景画!
富士山の描かれた浮世絵といったところでしょうか。
今度味噌汁に入っていたら,探してみます!

リキ #mQop/nM. | URL
2020/04/15 21:28 | edit

リキさん こんばんは

絵師が筆をとったみたいで、そのまま湯呑みや皿などの図柄や
彩色にしても良さそうなのがありますv
紋様の傾向は採れる海岸によってかわるのか?ちょっと謎で
興味深いです。

michael #xNtCea2Y | URL
2020/04/15 22:33 | edit

michaelさん、おはようございます(^^)

あまり気にした事は無かったですけど、言われてみると
確かに不思議な模様ですね。
一様ではなくいろんなパターンがあり、ホント浮世絵の
風景の様なものも。
詳しくは解明されていないと言う事ですが、何の必然が
あってこの模様が出て来るのか、本当に不思議ですね。

FirstMESA #- | URL
2020/04/16 07:35 | edit

FirstMESAさん こんにちは

ほんと不思議なことがいっぱいです、
見て楽しめる分には大いに結構ですが、
保護色?とは行っても周りは砂ですし;何のためなのか、
そして、このいろんな色素はどうやって出てくるのか^^;

michael #xNtCea2Y | URL
2020/04/16 14:30 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/2569-1dcfbd83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック