Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

A.ヴェンツィンガー:ヘンデル 水上の音楽  

古いLPの話が続きます^^;
G.F.ヘンデル 「水上の音楽」
アウグスト・ヴェンツィンガー指揮:バーゼル・スコラカントルム 1965年録音
この当時、アルヒーフは国内盤がなく、ポリドールが輸入して、日本語解説書を挟んで売られていました。学術書風のグレーのジャケットは薄手の紙が三つ折り状態でLPが入っていました。

water music

これは古楽器による演奏で、良好な録音で出た最初のものだろうと思います。
G.レオンハルト登場前の頃で、今日聴きなれたピリオド演奏の一歩前といった感じですが、それでも当時最先端の古楽演奏で最高の「水上の音楽」でした。
弦はふくよかで厚みをおびていてモダン演奏的ですが、管は構造の違いから明らかに古楽器の響き。ナチュラル・ホルン&トランペットの幾分粗野で豪快な響きには魅了されました。たびたびオーボエ・ソロが間奏的に入りますが、原譜の簡潔な旋律から美しい旋律にリアリゼーションした演奏も当時他にはなかった記憶です。通奏低音にはチェンバロにリュート、ハープが加わった贅を尽くした編成。
これが、アルヒーフのしっかりとしたサウンドで収まっていて充実感たっぷり。
水上の音楽というと気軽に聴いてしまいがちですが、これはイージーリスニング向きではないですね、今聴いても十分価値ある録音です。
関連記事

category: G.F.ヘンデル

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/26-29b08e21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター