FC2ブログ

Classic音楽,リュート,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

リュート:巻弦のオイル漬け  

ほかの弦楽器の方々からは「いったい何やってんだ?」という話かもしれない;
モダンギターでは低音弦は巻弦1本で倍音も程よく出す、"フルレンジ"方式であるが、リュートの場合、低音専用の弦と倍音を補うoct弦のセットで、"2ウェイ"である、低音用の弦は倍音は抑え、余韻短く鳴るのがよい、
11c lute 01
リュート弦の理想は金属的なギラギラ感がなく、しっくり落ち着いた鳴り方、というのが筆者の考えるところ、(こういう拘りも、聴いている人には何も変わった感じがしない程度ならばやる意味はないが;)

さて、以前取り寄せたラノリン・オイルに巻弦(Aquilaの"D")を漬けてみた、
oil_20201117100142ff5.jpg
ラノリンを含ませて倍音の発生を押え、ガット単線の音に近づけるのが狙いであるが、外塗りするだけより中の芯線まで浸透したほうがよかろうと液状にした、ラノリンは常温ではバター状だが、容器に入れて電気アンカで温めると液状になる、
Warmer.jpg
そこへ丸めた巻弦を30分ほど漬けて取り出し、キッチンペーパーで余分をしっかり拭き取る、結構ベタつくが、拭き取った後は差し支えない、
strings_20201117095450639.jpg
ラノリンはスキンケア用だが、いつまでもベタつかないのが良いらしい、
今までローデド・ナイルガットを張ってあった11コースluteの6コースから順に張り替えた、
11c lute 02
金属っぽい響きはなくなり、隣に残っているローデドNGとあまり差を感じない、弦によっては若干余韻が長いが、この11コースluteは弦長66cmと短めなのでちょうどよい程度かも。
これをやる利点は鳴り方の改良のほかに、
①弦が安い
②弦が細くなり、oct弦との径差が少なく押えやすい
③ローデドNGみたいに切れない
PS. "ローデドNG"はこのリュートの茶色の弦、
low gut
ラノリンは容器に蓋をしておけば固まり、次回使える、
ルネサンスluteの低音もこれでいこうかとv

ついでに、6コースのoct弦の溝を少し近づけた位置に彫り直した、0.5mmほどだが、
6c oct
フレンチの曲では6コースを押えながら5コースの開放を弾くことが多いので、指が5コースに触れにくくしたかった、これも弦の径差が減ったのでやりやすい、
この作業のときこそ、この拡大眼鏡が役立つv
Magnifying glasses
この方法は過去記事に書いた、J.リンドベルイ氏による情報、
巻弦のワックス漬け!?
真似しっ子の性格なのでやってみた、具体的にどうやるかは自分で考案。

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

category: Lute

tb: 0   cm: 8

コメント

どうなんでしょう。

今晩は。傘が必要なほど唐松の葉が落ちています、晩秋から初冬です。

試されたのですね。質問ばかりでスミマセンが、
J・リンドベルイ氏のCDの音を聴く限り、色々魅力的な音がしていますが、、ガット、カーボン、等と比べて、音色、音の太さ、音の立ち上がり、音の輪郭、音量、等はどうなのでしょうか?

老弾 #- | URL
2020/11/17 18:20 | edit

老弾さん こんばんは

低音としての「太さ(音量),瞬発力」はガット、カーボン、「輪郭や適度な余韻」では今回のラノリン巻弦、になると思います、「金属っぽさを消した巻弦」ですね、
今回張ったのはバロックluteとしては短い楽器なので、カーボンを張ると太短く、輪郭がない感じでした。弦長に対しちょうど良い太さにする、曲によって押弦しやすくするなど、状況に合わせて選択の1つになるかと思います、ただし混合せず、統一がいいと思います。

michael #xNtCea2Y | URL
2020/11/17 20:41 | edit

ありがとうございます。

AquilaのDは、自分もそれなりに持っていますので真似してみます。でもオイルは色々と販売されていますね。

リンドベルイ氏は、年代物の元ルネサンスリュートでバロックもルネサンスも弾いていますので、弦長は短いかと思います。

今、持っています弦長61/65のバスライダー付き、10コースルネサンスリュートで試してみます。

ありがとうございました。

老弾 #- | URL
2020/11/17 22:01 | edit

こんばんは。
アンソニー・ベイルズは昔、太いガット弦が無かったので、巻弦に土を塗って録音したとか。
知らずに聞くとガット弦と間違えるそうです。

またジュリアン・ブリームは、程度の良い古い巻弦をキープしておいて録音に使用した、なんて記事を読んだ覚えが。

リュートの奇士 #nLnvUwLc | URL
2020/11/17 22:42 | edit

老弾さん

ラノリンに似たオイルはいろいろあって、ワセリンではどうかな、と思いましたが、
調べてみると結構性質は違うようです、
試してみないとわかりませんが、ひとまず実績のあるラノリンを使いました。

michael #xNtCea2Y | URL
2020/11/18 00:50 | edit

奇士さん

LPだったかCDだったか?憶えてませんが、アンソニー・ベイルズの録音を借りて
聴いたことがあり、太いガットを張った音だろう、と騙されました、
どんな土をどうやって塗ったのか?;

ギター弦なら、バテて捨てる頃がリュートでは使い時でした、アルミメッキが剥げて
美観は損ないましたが;

michael #xNtCea2Y | URL
2020/11/18 00:52 | edit

老弾さん

追伸です、
ラノリン・オイルは液体状もあるそうです、扱い易いかもしれませんが、
効果のほどは同じか?使って比較しないとわかりませんね;

michael #xNtCea2Y | URL
2020/11/18 09:18 | edit

追伸を、

追伸、ありがとうございます。

色々と加工されているオイルのようですが、安全と純度の高いオイルを選んで湯煎で試してみようと思います。

老弾 #- | URL
2020/11/18 11:23 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/2785-f60e7b80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック