FC2ブログ

Classic音楽,リュート,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

今さら聴けない曲  

今日はまったく自分勝手なことを書いて恐縮; 
相変わらず巷では「癒し、ヒーリング」などという言葉が軽々しく使われている、
宇宙の景色を眺めて「コズミックフロント・ヒーリング」なんてのも"違う"し・・
「癒しのクラシック」なんぞというCDの曲など聴かされるのは退屈である;

甘ったるい曲も今さら聴きたいと思わない;
Chopin.jpg
you tube:ショパン:ノクターン 第2番

大仰な曲もいろいろある、
これは外に漏れる音量でかけるのが恥ずかしくなる、
Tchaikovsky.jpg
you tube:チャイコフスキー 白鳥の湖「情景」

唯一有名なギター協奏曲「アランフェス」の第2楽章も同様である、
Aranjuez.jpg
you tube:ロドリーゴ: アランフェス協奏曲:第2楽章
PS.ポール・モーリア編
you tube:Paul Mauriat 恋のアランフェス

これも同様、
Mascagni.jpg
you tube:マスカーニ: 歌劇"Cavalleria Rusticana" 間奏曲

スッペの「軽騎兵」序曲も名曲集で聴いて以来、あらためて聴くことはない、
Suppé
you tube:「軽騎兵」序曲 フランツ・フォン・スッペ
有名になりすぎた弊害もあるが、J.シュトラウスのワルツなど、こんな中に入りそうでも、不思議と嫌気がささない、似ているようでセンス1つの差だろうか、個人と曲との相性もある、

そう言えば、バッハのvnとobのための二重協奏曲BWV1060は人気のあるほうだと思うが、
バッハにしちゃあ、ヤワな曲に思える(演奏しだいでもあるが)、まあ1曲くらいいいか;
bwv 1060 you
you tube:Bach - Concerto for Violin and Oboe in D minor, BWV 1060
協奏曲ではイタリアの様式を取り入れながらもドイツっぽく聞こえるのがバッハの魅力、
鋼のようなBWV1052なら好きだが・・

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

category: 音楽様式

コメント

わかりますが、私は今でも大好きで、しょっちゅう聴きますよ。演奏は選びますが。
あまり本気で取り組んでない録音が多いのも、聴き飽きたり、恥ずかしくなる要因だと思います。ただ、初めて聞くような新鮮さが要求されるとなると、取り上げるのにも勇気がいるのかもしれません。
SP盤なら、「軽騎兵」1曲だって12インチ一枚を要する大曲です。
例えば、エーリッヒ・クライバー指揮ベルリン・フィル。交響曲並みの充実感があります。
「カヴァレリア」なら、カラヤンとフィルハーモニアのモノラル盤。ホルン奏者のデニス・ブレインがここではオルガンを弾いて、弦楽合奏に爆音で対峙。実は、カラヤンのレコードで一番好きなのはこの録音です。

yositaka #- | URL
2020/11/25 09:47 | edit

yositakaさん

こちらの記事は本当に個人的視点で気まぐれに書きました、
オムニバス盤ばかりで、良い演奏、録音に出会っていないせいもあるかもしれません、

>演奏は選びますが
J.シュトラウスのワルツやポルカなども親しみ易いとはいえ、選んでしまいますね、充実したorch音楽として聴けるものに絞られます。
ベームの演奏では「南国の薔薇」「皇帝円舞曲」など一番気に入っています。

michael #xNtCea2Y | URL
2020/11/25 14:11 | edit

こんばんは。

今回の記事、興味深く読みました。
こんな記事もあっていい、と思いながら……。
私はこれまで、クラシック音楽を広いが浅くしか聴いてこなかったです。
そんな私も、やはり若いころに聴いた曲に影響されてか、よく聴くのは古典派とロマン派前期の作曲家に集中しているように思います。
ある高名なバロック音楽の批評家が、ビバルディなどは好まないとはっきりと書いています。
自分でも「偏向」していると……。
それでいいのではないでしょうか。
好きな作曲家、好きな曲があって当然だし、逆の場合もあって当然です。
逆にみんな同じ作曲家、同じ曲が好きなら、こんなにつまらないことはありません。
michaelさんの好きな曲、あまり聴かない曲、両方を記事にしてもらえるとありがたいです。
でも音楽業界の声には、あまり耳を傾けたくはないですね。
自分の耳を大切にしたい。

yamashiro94 #- | URL
2020/11/25 21:33 | edit

こんばんは。

いやいや,困りました~,大好きな曲ばかりで(笑)
たしかに,「通俗名曲」などと揶揄される曲にはつまらない演奏が多いですからね。
でも,やっぱり「名曲」だなあとしみじみ思います。
ヴィヴァルディの「四季」が大好き! と大声で言いにくい雰囲気は感じます。
でも,好きなんだな~。

リキ #mQop/nM. | URL
2020/11/25 22:26 | edit

yamashiroさん こんばんは

すぐに憶えられる綺麗で印象的な旋律が書けるのは才能でしょうが、それゆえにTVや映画音楽に転用されるタイプの曲は、「またこれか」っていう気分でわざわざ聴きたくないですね、
とっつきにくいけど、聴くほどにハマっていく曲は生涯虜になりますが;

>ある高名なバロック音楽の批評家
察しがつきます、ヴィヴァルディは似たようなヴァージョンを何百曲も書いただけ、一方コレッリは素晴らしいとか・・?単行本で読んだような、

自分が偏食が激しいのはよくわかって、勝手なことをいつも書いていますが;「こういう偏屈なヤツだ」と思いつつ見ていただくのも面白いかと(笑)
また時折書きます。

michael #xNtCea2Y | URL
2020/11/25 22:37 | edit

リキさん こんばんは

いえいえ、客観的に好きな方はいて当然と思いつつ、自分のノーマルじゃない偏食傾向をさらけだしただけです(笑)
ヴィヴァルディの「四季」は好きですよ!ヴァイオリン音楽の傑作ですし、「夏」の描写など斬新で、後の交響曲に繫がっていきそうでv

michael #xNtCea2Y | URL
2020/11/25 22:46 | edit

こんばんは。
ここは文句なく「セビリアの理髪師 序曲」。
左卜全が・・・

リュートの奇士 #nLnvUwLc | URL
2020/11/25 22:50 | edit

奇士さん こんばんは

>ロッシーニ:セビリアの理髪師 序曲
主部のテーマが「老人と子供のポルカ」と似ている?;
しかし、わりと好きな序曲ですけどね。

michael #xNtCea2Y | URL
2020/11/25 23:13 | edit

Michaelさんこんにちは、

「癒しのクラシック」にギター協奏曲「アランフェス」の第2楽章もはいるのですか?
BGMとして、カーステレオで🎸曲を真面目に聴くと駄目ですね・・・。

好きな曲を軽くあしらわれると嫌になり腹を立てる。
私は、団塊病患者です。(笑)

チャラン #cMB3vT1w | URL
2020/11/26 11:24 | edit

チャランさん こんにちは

仮に自分が演奏家だったとして、自分の柄に合うか?で別けているかもしれません、
ポール・モーリア編で「恋のアランフェス」になっちゃっているとなおさら(笑)

曲がCMの音楽などに軽々しく扱われてきた弊害もあるでしょうね。
自分は団塊と"新人類"の境目患者の気がします^^;

michael #xNtCea2Y | URL
2020/11/26 12:12 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/2793-648731c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック