FC2ブログ

Classic音楽,リュート,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

C.デイヴィス:Haydn Sym No.102、101 (LP)  

LP時代、ハイドンSymの録音ではD.グラモフォンにはあまり聴くべきものはなく、3人の巨匠でNo.82~104の名盤を作ろうという企画があり、パリ・セットをカラヤン、No.90~92をK.ベーム、ロンドン・セットをO.ヨッフムに割り振った、が、いずれも筆者には好ましい出来ではなかった、DGで初めて良いと思ったのはC.アバド、ヨーロッパ室内Oである、 
一方、フィリップスは前々から、N.マリナーやC.ディヴィスといったハイドンを上手く聴かせる指揮者を抱え、ツボを心得たような録音でスコアの聴きたい音がちゃんと聞こえてくる、
フィリップスはハイドンがお得意か、
c d hay s101 102 lpc d hay lp
コリン・ディヴィス指揮、ロイヤル・コンセルトヘボウO
まず、コリン・デイヴィスの102番、
これはハイドンのsymの中で最も傑作ではないかという評を目にするが、たしかに第1楽章展開部から終結までの練られた書法は見事、
第2楽章は新しいアイデアで、trp、hornにcon sordino(弱音器)の指定があり、独立したvcソロのパートがある、
hay s102 sc02 01
[56]では弱音器付trpが余韻を響かせるが、当録音では明確に再生される、
hay s102 sc02 54
メヌエット楽章などハイドンは何曲書いたことか、それでも新しい感覚が尽きず、終楽章も斬新である、当盤は秘められた内容が明瞭にミキシングされて聴ける、
*デイヴィスの102番はyou tubeに挙がっていない、参考にC.アバド指揮、ヨーロッパ室内O、これも指折りの好演、
c a hay s102 you
you tube: 交響曲 第102番 変ロ長調 Hob.Ⅰ:102 アバド 1994

次に裏面の101番「時計」、何しろ昔からよくわからないまま聴いていたので、その聴き癖が残っているが、今、初めて聴いたとしたら斬新な曲に感じるかもしれない、
この曲にはクラリネットが2本加わっているが独立して奏でる箇所はなく、総奏部で和声の一部を担うのみ、
sc s101 01 36
しかしこの録音ではclが響きに彩りを加えているのがよくわかるようだ、
主題はメロディアスな要素が少なく、器楽的で音階を昇ったり降りたりする基調で書かれている、とくに第1楽章はキビキビ小刻みである、
sc s101 01 13
C.デイヴィスはこの特徴をくっきり小細工なく溌剌と聴かせ、録音は管のパートがよく響いて効果的、第2楽章は"時計"らしく活発なリズムで進め、メヌエットも重くならず小気味よい、例のトリオでフルートが和声から外れる[86]もはっきり、
sc s101 03 trio01
終楽章は速すぎない程度に、折り目正しく決める、
こちらはyou tubeにあった、
c d hay s101 you
you tube:Haydn: Symphony No. 101 in D Major, Hob.I:101 "The Clock" -
1. Adagio - Presto 2. Andante
3. Menuet. Allegretto - Trio 4. Finale. Vivace

PS.「時計」も指揮者によって様々であるが、過剰に逞しい響きにしたり、第2楽章をやけにゆっくりメロディアスにしたり、余計な事をやると鼻についてしまう、
you tube:Haydn: Symphony No. 101 (The Clock), Reiner & HisSO (1963)

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

category: F.J.ハイドン

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/2795-b0be5b79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック