Micha クラシック&リュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

W.シュナイダーハン:ベートーヴェンvl協奏曲(LP)  

この緑色のジャケットには特別な愛着があります。D.グラモフォン原盤の兼価盤、ヘリオドール・シリーズ。それまでは兼価盤だから多少我慢しなくちゃ、と思っていたところ、グラモフォン原盤の充実サウンドで名演が続々と聴ける喜び、中でもF.フリッチャイの録音は特筆ものでした。そしてこのW.シュナイダーハン:vl、オイゲン・ヨッフムのBPOベートーヴェンvl協奏曲も名盤で昨年5月に復刻CDのレビューも書きました。残念ながら当時買い集めたヘリオドール盤の多くは失ってしまい、先日中古ショップでこのシュナイダーハン盤を見つけたときは胸おどりました。盤状態も良好。

be vl con he
ヴォルフガング・シュナーダーハン:vl、オイゲン・ヨッフム指揮:BPO
会場:ベルリン・イエス・キリスト教会、エンジニア:G・ヘルマンス、'62年DG録音


カートリッジはやはりシュアーME75EDがこの盤らしい味を引き出す。しなやかで厚みを帯びたvl群、低弦もゴリゴリせず、ゆったりソフトで深い、木管も音色豊かで上手い、そこにシュナイダーハンの美音で奏でる堅実なソロ、聴くほどに味がある。さらには例のカデンツァを楽しませる。あきらかに復刻CDよりもふくよかな響きが満喫できます、グラモフォンの美質が最良。また縁があれば緑色のヘリオドール・ジャケットにめぐり合いたいものです。
関連記事

category: ベートーヴェン

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/308-242174d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック