Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

K.リステンパルト:バッハ ブランデンブルク協奏曲  

バロックは聴きたいけどアルヒーフ盤は高くて手が出ない、そんな頃エラート盤とともにパルナス1000シリーズという兼価盤が出ていて結構親しみました。白地のシンプルなジャケットは感じのよいもの、気に入っていたのがこのシリーズから出ていたカール・リステンパルトのバッハです。管弦楽組曲を初めて求めたのもリステンパルトのLPでした。特に良かったのがブランデンブルク協奏曲の全集で、つい最近リステンパルトの演奏を集めた復刻CDが出てようやく再会できました。まさかまたリヒター盤のように直後に中古LPに出くわすことはないと思いますが^^;

リステンパルト bach
6枚組収録曲
フーガの技法、管弦楽組曲第1番~第4番
ブランデンブルク協奏曲全曲
3台のヴァイオリンのための協奏曲BWV1064
チェンバロ、フルート、ヴァイオリンと弦楽のための協奏曲BWV1044
2台のチェンバロのための協奏曲BWV1062
3台のチェンバロのための協奏曲BWV1063
3台のチェンバロのための協奏曲BWV 1064
4台のチェンバロのための協奏曲BWV1065


残念なことに管弦楽組曲だけ何故かマスタリングがよくない、録音レベルが高すぎてボリュームを下げることになる、バランスが高域寄りでトランペットが歪む、マスター音源が劣化しているのか?フーガの技法とチェンバロ協奏曲の音はまずまず。ブランデンブルク協奏曲は飛びぬけて良好、まあこれだけでも救われる。
さてブランデンブルク協奏曲、'65年の録音で思ったほど古くはない、昔LPで聴いたときはほんのりソフトな録音だと思っていたが、CDで聴き直してみると広いステレオ展開で音質は耳優しいが、くっきり芯のある音で味わい深い。これほど清涼感のあるブランデンブルク協奏曲の録音は他にないのではなかろうか?
第1番、弦楽は近距離音、遠距離音の二段構えのような設定で全曲演奏される、ソロ楽器が活躍する所では爽快な遠距離音となる。ホルンが意外なほど前に出て弦楽とは遊離したように大らかに狩の信号を聴かせる、最後のメヌエットでのホルンも豪快でいい、これぞこの曲の魅力と思わせる演奏。
第2番、トランペットはヘルムート・シュナイドヴィントという奏者ですが、アンドレやティボーと同レベルくらい上手い、高域もゆったり聴かせる、全曲ソロvlを務めるG.F.ヘンデル、リコーダーのH.M.リンデ、オーボエのピエルロらのしっくり溶けあった艶やかな音色がいい。
(*ソロvl奏者はあの大作曲家ヘンデルとフルネームが同じ)
第3番と6番、この録音は弦楽の音が美しいので、これらもひじょうに魅力、3番はvl群が透き通るように響き、6番はガンバの加わった雅びな響きが一段と冴える、テンポが速すぎないのも響きの美しさを味わえる。
第4番、第一楽章から美音でしっくり落ち着いた演奏、終楽章では2本のリコーダーがユニゾンになる所が多いがH.M.リンデ、G.ヘラーのぴたり一体化した響きが美しい、G.F.ヘンデルのvlも清涼で味わい深い。
第5番、ソフトな録音でありながら、R.ヴェイロン-ラクロワのチェンバロがくっきり響く、やはり芯のある良好な録音、ラクロワのソロは大袈裟な表現はないが気品高くまとめる。
全曲、完成度高く、爽快感溢れる演奏と録音で、リヒターやレーデルとは違った楽しみを与えてくれます。低音部も意外に分離よく聴こえ、バスパートをじっくり聴いてしまいます、良い旋律なんですね。
関連記事

category: J.S.バッハ

tb: 0   cm: 2

コメント

はじめまして

はじめまして。音盤・児童文学依存症のネコパパことyositakaと申します。
SL-maniaさんのところから飛んできました。
リステンパルトのブランデンブルク、仏盤LPは高価な貴重盤ですが、日コロムビア盤は中古店で安価で見つかります。
人数は少ないのに、強力な低弦に支えられて厚みのあるリステンパルトとザールの仲間たちの演奏は魅力的ですね。「フーガの技法」は同時期エラーとにも録音していて、編曲は違いますがやはり良い演奏でした。
私もずっとCDでしたが、最近いろいろな仲間にハメられたこともあり、アナログ回帰の傾向です。オーディオファンでは全くありませんが…

yositaka #ZLZgCwaI | URL
2013/05/03 14:23 | edit

yositakaさん はじめまして、こんばんは
コメントありがとうございます。
なんだかアナログ再生は音楽ブログの方々の間で連鎖的に復活しているようですね。私は自らハマってきましたが(笑)
私もオーディオ的に凝るほうではありませんが、古いなりに良い録音物もたくさんあってその魅力を再度楽しんでいるところです。
yositakaさんのブログも拝見していきます。

michael #xNtCea2Y | URL
2013/05/04 00:21 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/328-d872f598
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター