Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

アンプ遍歴  

私のオーディオ遍歴というのは大したことないですし、高価なハイエンド機に手を伸ばそうと思ったこともありません、っていうか買えません;
アンプ類を中心に振り返ってみると、ステレオ・セットの一品として付いていたプリメイン・アンプが故障ぎみになったので、当時評判の良かった、DENON PMA-390の初代機を購入、安いにもかかわらずクウォリティの高さに驚きました。高性能時代の到来、だんだん熱が高じていき、DENON PMA-S10 & DCD-S10のペアに発展;これに欧州製のお気に入りSPを繋いで録音評の良い音盤を集めては楽しんでいました。確かにわるい音はしない、がっちりと緻密な再生音だったが、もう少しほんのりした雰囲気でも良いのでは、とも感じた、実際これらの一段下級機が良いという評価も聞いた。

その後、職場で"自作派"の人と知り合い、これらメーカー品を売り払い、SPのほか、プリアンプ、真空管パワーアンプなどキット品をベースに良質の部品に差し替え、組立てた機器で楽しんだ時期がしばらく続いた。自分で手間かけて作ったという思い入れもあるが、真空管は鉱石素子のようなノイズが出ないので、SPに耳を寄せてもまったくの無音、これは微かな音も埋もれず、音場が曇らないのが良かった、それ以外は普通のアンプというだけです;しかし、別体のシャーシがいくつも並び、互いにケーブルで繋いだ状態はごちゃごちゃして、鬱陶しくなってきた;で、最後に落ち着いたのが再びPMA-390の後継機、
pma390se dcd755se
PMA-390SE
DCD-755SE
一つのシャーシに必要な機能はまとまってスッキリ、フォノ・アンプも付いているし、音にはまったく不満はない。重くないのも助かる;
関連記事

category: オーディオ

tb: 0   cm: 2

コメント

PHONOイコライザー

私もDENONのアンプとCDプレーヤーです。
レコードカートリッジはテクニカのMC型ですが、アンプのハイゲインイコライザーを通さず、昇圧トランスを介し通常のMM・PHONO端子に接続しています。

MK #- | URL
2013/07/11 06:32 | edit

PHONOイコライザー

MKさん こんにちは

MCの使用も考えてはいますが、カートリッジ+昇圧トランス(又は対応イコライザー)合わせて高価になるし、性能は優れていても自分のシステムに取り付けて、気に入った音が出るかどうかは賭けなので、ひじょうに迷っています^^;そんなに心配しなくてよいものでしょうか?

michael #xNtCea2Y | URL
2013/07/11 11:10 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/373-6bbbb30b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター