Micha クラシック&リュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

お掃除再生:DGチューリップ盤  

今日はお盆の振替休み、いつもの名古屋の中古ショップじゃなく、地元岐阜の同系列ショップを覗きました。さすがに在庫数は少ないものの、掘り出し物を見つけた^^v
F.フリッチャイ指揮、BPOのドヴォルザーク交響曲No.9「新世界」のヘリオドール盤が見つかればほしいと思っていたところ、もっと古くに出ていたDGチューリップ・レーベルがありました、ちょっと過呼吸^^;レーベルもジャケットも国内向けですが、チューリップSTEREOならOKでしょう^^

dov sym9 fri01
dov sym9 fri02
ドヴォルザーク交響曲No.9「新世界より」
フェレンツ・フリッチャイ指揮、BPO
1959年録音、ドイツ・グラモフォン


ただ問題が・・さすがに古いだけあって、微塵やカビが溝にへばり付いたチリチリ・ノイズがかなり出る、ベルベット・クリーナーで撫でた程度では取れない、粘着式クリーナーとやらも結局、溝の底までは届かない。よって針を下して再生、針先で異物を掻き出す!これほど確実な除去法はありません;;直後に盤面を見ると、点々と掻き出されたゴミが見える、ここでクリーナーで拭き取る、2回ほど行えばかなり良くなる。できれば避けたい方法だが、この程度で針や音溝がすぐ傷んでしまうヤワな物なら、寿命なんかすごく短いことになる。屋外の砂塵のような硬質の埃は要注意でしょうが。
さて、フリッチャイの「新世界」、録音は古びているようでもD.Gらしく生々しく迫ってきて味わい深い、ブラスは豪快、第一楽章だけでも、緩やかな部分ではテンポを落とし、弦の柔軟な弓使い、木管の歌、豪快な部分は加速し、切れ味痛快、フリッチャイらしい名演が聴かれ、手入れのし甲斐のある音盤です、レビューはあらためて。

PS.この白い点々は星空ではありません;
埃
針が掻き出したゴミです、良質でないレコードスプレーなど過去の塗布物の影響かもしれませんが、溝に粘着していた繊維屑かカビか?硬質のものではないようです。前に買ったDGチューリップの中古盤も同様でした。開封後長く再生されていなかった盤はこんな状態に?、丁寧な扱いで適度に再生されていた盤のほうがコンディションは良いかもしれません。ラッピングされた未開封盤ならいかに古くても問題ないですが。
関連記事

category: オーディオ

tb: 0   cm: 2

コメント

フリッチャイの新世界

こんばんは。
チューリップと赤STEREO…OKです!
近くに中古レコード店があるといいですね。当地は中途半端に東京が近いので、そういう店は育ちません。
フリッチャイ&BPOの新世界。これは実にいい演奏ですよね。私の手持の盤はヘリオドールシリーズ:MHの少しあとに1300円で出ていたときのMGW型番のものです。グラモフォン・スペシャルとかいう。
盤の汚れはもっぱら水洗いです。台所用中性洗剤を薄めに溶いて、百均のマイクロファイバーで盤面一面泡だらけ状態にして洗います。こびりつきが酷いときは、歯ブラシ:デンターシステムで円周に沿ってなぞります。これでほとんどものが完璧になります。レーベルの紙はプレス時に盤のビニールと一体化しているので剥げることはありません。ときどき古くて質の悪いものだとインクが少し色落ちするくらいですね。もっとも最近はパチパチノイズもあまり気にせず聴いてしまいます。

マエストロ・与太 #- | URL
2013/08/20 23:56 | edit

マエストロ・与太さん こんばんは

私も状況に応じてデンターシステマで水洗いもしていますが、フィリップス・レーベルの赤インクは手が真っ赤になります;でもレーベルの色が薄くなることはないです。
今回は軟質の粘着物のようでしたので針で掻き出しました。音で異物の質が見当つきます、3回目の再生では新盤みたいにノイズが殆ど消えて気持ちよく聴けます。フリッチャイの「新世界」は指折りの名盤ですね、友人が持っていたヘリオドール盤を昔聴いて感動し、ずっと買い逃していました。あらためて感想を書きたいです。

michael #xNtCea2Y | URL
2013/08/21 01:43 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/397-81b90bbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック