FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

BWV1027~1029  

3 sonaten
バッハ通はBWV作品番号で、どの曲かわかりますね!私はまだですが;;
先般、古楽界最大の重鎮、グスタフ・レオンハルト氏の逝去(83歳)が報じられました。
レオンハルト氏の弟子、孫弟子とたどれば、今日どれほど多数の古楽演奏家がいるだろう?と話していたところです。
氏の指揮したブランデンブルク協奏曲(SEON)を初めて聴いた時の印象は鮮烈なものでしたが、今では普通の演奏に聴こえます。
久しぶりにバッハ、ヴィオラ・ダ・ガンバとチェンバロによるトリオ・ソナタを聴いてみました。(ガンバ:ヴィーラント・クイケン、チェンバロ:G・レオンハルト)、最近はホール・トーンも取り込んだエレガントな響きの録音が多いですが、これは直接音主体の録音でクッキリしたチェンバロ、渋く響くガンバ、じっくりと2つの楽器に集中できて飽きることはありません。その後の若い演奏家のよく練られた演奏も魅力ですが、またレオンハルト&クイケンのベーシックな演奏が聴きたくなるんですね^^
レオンハルトはバッハ・リュート作品や無伴奏vl&vc作品を好んで鍵盤に編曲して録音していますが、そのへんもリュート弾きにとって親しみ深いところです。
関連記事

category: J.S.バッハ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/4-326b002c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック