FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

ボッケリーニ・エディションより:pfとvlのためのソナタ  

今日もBRILLIANT CLASSICSのBOXセット、以前一部取り上げたボッケリーニ・エディションよりvlとpfのためのソナタ集です。ボッケリーニといえばスペインに移ってからの作品がやはり魅力ですが、これらはイタリア時代の曲、純粋な古典派第一線の作品として聴かせます。ピアノの技法や曲想から感じるのはモーツァルトより、A.サリエリの作風に近い感じですね。軽やかな古楽器のヴァイオリン、フォルテ・ピアノによる繊細な演奏は申し分なし、作曲家の頭に閃いた響きが伝わってくるようです、こうでなきゃボッケリーニの真価は聴き辛いでしょう。

ボッケリーニ ed
フォルテピアノ:Franco Angeleri
ヴァイオリン:Enrico Gatti


1曲目変ロ長調G25op.5-1および2曲目ハ長調G25op.5-1は3楽章の整ったソナタ、第一楽章はpfとvlが交互に主旋律を弾いたり、助奏したり、センスの良いテーマが歌い継がれ、標準的ながら美しく退屈させない。緩抒楽章はイタリアらしい情緒に溢れる、ハ長調のほうは短調に変り感傷的、終楽章は軽快に切れ味よく駆け抜ける。
3曲目変ロ長調G23op.5-3は二つの楽章、第一楽章モデラートは旋律美が一段と光る、第二楽章アレグロは闊達でvlとpfの間髪いれない掛け合い、和合が良い。
4曲目ニ長調G28op.5-4、第一楽章は安らかなアンダンテ、第二楽章で気分一転、交響曲ニ短調G506op.12-4“悪魔の家”第一楽章のアレグロ部分と同一曲が置かれる、pfとvlの2つでシンフォニックな気迫を聴かせ、これは圧巻。終楽章ロンド・アレグレットで再び落ち着く。
5曲目ト短調G29op.5-5、第一楽章、短調作品になると後のスペイン時代にありそうな一面も感じる、vlがシンコペーションを多用しリズムの快速感をけん引する、短かいが魅力的な楽章。第二楽章アンダンテ・レントは長調でここはモーツァルト的味わいも聴かれる。終楽章プレストは短調にもどるが、長調に移る傾向が多い、軽快な魅力で駆け抜ける。
6曲目変ホ長調G30op.5-6、第一楽章アレグロ・マエストーソはいかにも楽天的なマエストーソで始まるがpfが伴奏しvlが短調のテーマを歌うなど変化に富んだ味わい。第二楽章ロンド・アレグレット、まさにロンドのお手本のようだが、挿入部分のセンスは光る。
関連記事

category: L.ボッケリーニ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/465-e5e01bf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック