Micha クラシック&リュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

科学史の順序  

科学史の発見の前後関係は意外に思うことがあります。
まず、光の速度はハイドンが生れる以前にわかっていたんですね、1725年のこと、イギリスの天文学者ジェームズ・ブラッドリーがある恒星の年周視差を観測していたところ、光行差というものを発見し、これが光速度を計算できるものだった、わずかな誤差でほぼ秒速30万kmと算出した。その後1849年になってフランスの物理学者M.フィゾーが歯車の装置で光の速度を正確に実測した、その後イギリスのJ.C.マクスウェルが1864年に電磁気学の理論計算で導き出した電磁波の速度がフィゾーの光速度と一致するのに気付き、光も電磁波の一種だとわかった。私はこの順序はフィゾーが一番最後だと思い込んでいました;いずれにしても光速度が早くも18世紀、19世紀にはほぼ完璧にわかっていたというのはのは凄いと思います。
一方、アンドロメダ銀河が我々の銀河系内の天体なのか、外にあるのか、何だか原始的にも思える課題が20世紀に入った1924年、E.ハッブルの観測でようやくわかった、というのにも驚きます、それだけ途方もない宇宙の距離を測るのは難題だったということでしょう。セファイド変光星の光度で測定したのですが。

アンドロメダ
M31 アンドロメダ銀河

天の川を広角で写真に撮れば銀河を内部から見た様子だと容易にイメージ出来るし、アンドロメダ銀河も外部から斜め横に眺めた同様の銀河だと今でこそ容易に想像できますが;いざ距離を測るとなると三角測量で精度良く測った近場の天体の距離を根拠に積み上げしていくしかない、遠くなるほど誤差も見込まれ、現在254±6万光年とされているアンドロメダ銀河の距離も何度か(大きく)修正されています。ぼんやりと光のシミのように見えていた遠方の銀河の姿もハッブル宇宙望遠鏡のおかげで、実体感を感じるほどに見られるようになりました。
さて作曲家が本業だったという天王星の発見で有名なウィリアム・ハーシェル(1738-1822)

William_Herschel01.jpg
ウィリアム・ハーシェル(1738-1822) 

後にハーシェルは天文学に力をいれましたが、我々の銀河系がほぼ円盤型をしているというのを最初に発見したのも偉業です。観測法は夜空の視野を区切り、星の数を数えていくという天文学者らしい地道な作業、しかし未知のことを探るのに余念がない科学者共通のロマンティストだったんでしょうね。ちなみにウィリアムの息子、ジョン・ハーシェルはオリオン座のベテルギウスが脈動変光星であるのを発見、天文一家です。

ハーシェルの銀河系
ハーシェルの銀河系、青丸の位置が太陽系、右側の窪みは銀河中心方向で、星間ガスで星が少なく見えた結果。  また全体を囲むように大きめに描かれた星は球状星団かも 

当然、W.ハーシェルがどんな曲を書いたのだろうと興味は湧きます。あらためてレビューしたいです。
関連記事

category: 科学・自然・雑学

tb: 0   cm: 4

コメント

深遠な世界

このようなアンドロメダ銀河をじっと見ていますと、不思議な気分になってきます。
 最初は点だったが、ビックバンで大爆発が起こり、宇宙は膨張しているっていう考えが、なんとも不思議でなりません。最初は、点だったというのもおかしなイメージですし、宇宙空間が3次元的にどこまでも果てというものが無いというのも、不思議すぎて理解不能ですね。

ご提示のアンドロメダ銀河をしばらくじっと眺めていて、なんとも不可思議な気分になってきました。
宇宙ってわからないですね。科学者は実感として理解できてるのでしょうか。
 神の存在、未知なる力、意思というものを感じざるを得ません。

白くま #- | URL
2013/12/28 17:13 | edit

白くまさん こんばんは

アンドロメダ銀河は我々の銀河の約2.5倍の直径だそうで、壮大に見えますね。
昔から数学で辻褄が合えば、それは自然と一致する、というのを人間は知っていますから、実測不能な宇宙スケールや超ミクロの世界も理論物理学(数学)の力で、数式のアプローチを変えても結果が同じなら、正しい→それが現実だ、という図式ですね^^やがて観測、実験技術が高まり、確かめられたことも多いですが。
しかし宇宙の始まりを直に見るのは無理ですし、宇宙の膨張という話は抜きにして・・三次元の座標に終点というのも設定できないから∞なんですかね?;

michael #xNtCea2Y | URL
2013/12/28 21:14 | edit

こんばんは。
こんなものが見つかりまして
www.youtube.com/results?search_query=William+Herschel&sm=12

奇士 #nLnvUwLc | URL
2013/12/28 23:16 | edit

奇士さん こんばんは

はい、このものズバリのCDがあります^^
じっくり聴いてみます。

michael #xNtCea2Y | URL
2013/12/29 00:55 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/470-d8ca76c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック