Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

年末20%OFFセール  

今年最後の中古ショップ通いです。さっと行ってさっと帰ってきました。今年はもう一度欲しいなと頭に浮かんだLP盤を執念で集めた一年でした、状態がイマイチの盤は数枚取り寄せて良いのを選ぶという場面も・・^^;さて今日は以下の4枚、

12 29lpa
上、スメタナ弦楽四重奏団&J.スーク モーツァルト 弦楽五重奏曲No.3&4 DENON
下、カラヤン指揮、BPO J.シュトラウス ワルツ集 D.G


スメタナSQ & スークのモーツァルト、クィンテットは良い意味でクール、爽快緻密なアンサンブルで曲の構成をきっちり聴かせます。片面に34分という録音時間ですが、さすがDENON、内周いっぱいまで刻まれていますが最後まで歪なしです、ハーフ・スピード・カッティング=音源再生とカッティング回転を通常の半分の速度にして行う、これによりカッティング・マシンのレスポンスが十分反映した溝切りができる、これの効果でしょうか。品質チェックも良く不具合箇所はありません。
次のカラヤン、J.シュトラウスはD.Gチューリップ盤、古いだけあって多少ノイズなど不具合箇所はありますが、フリッチャイのJ.シュトラウス集とは一味違った好録音、カラヤンらしいJ.シュトラウスですが、BPOの弦がVPOも真っ青なチャーミングな表情も聴かせます。

12 29lpb
上、カラヤン指揮、BPO ベートーヴェン交響曲第9番「合唱」1962年D.G
下、F.フリッチャイ、BPO 同上 1957年D.G(ドイツ盤)
 
 

次は第九が2枚、上のカラヤン&BPO(1962年)は何度もCDで聴いたはずですが、これも1枚のLPに詰め込んだというハンディーを感じさせない、充実した響き、まったく古臭さがない生きたサウンドなんですね。カラヤンのレガート基調のぐいぐい押す推進力もいいもんです。
下がまたもフリッチャイの第九、ただしドイツ盤で新盤状態、、盤が私を呼んだというか、ひょいと目に入ってしまった;ちょい高かったけど2割引き、不具合箇所なしでじつに良好、前に買ったのは予備としましょう^^両雄のgoodな第九が揃いました。
関連記事

category: オーディオ

tb: 0   cm: 2

コメント

DENON PCM

スメタナSQのDENON PCMレコードは、愛蔵家番号1313が入ったハイドンセット全曲(2000部限定版)が手元にあります。
当時1000円で販売されていた「DENON PCMの世界サンプラー」二枚で味をしめ、安田謙一郎さんのバッハ無伴奏チェロ全曲やパイヤールのバッハ音楽の捧げ物等を購入しておりました。
今でも色褪せない、演奏も録音も優秀なレコードですね。
因みに恥ずかしながら方向音痴故、夜間は全く方角が判らなくなってしまうため、帆船時代さながら天測により帰り道を辿る事もしばしば、と云う生活ができる??天文ファンでもあります。
トライⅩやハイスピードインフラレッド等のフィルムを用い長時間露光による天体観測????で遊んでいた頃も懐かしい思い出です。

MK #- | URL
2013/12/30 09:43 | edit

MKさん おはようございます

PCMレコードはアナログ盤の完成形といえますね。私はスウィトナー、N響のモーツァルトを聴いて優秀さに驚きました。グラモフォン、EMI、デッカなどブランド伝統のサウンドがありますが、PCMは無色透明の器、自然音なのが良いです。メーカーの品質管理も良いようで不具合盤は1枚もなかったです。
私も昔、赤道儀にカメラをつけて、ファインダーを覗きながら手動で星を追って露光させたました;冬の夜、寒いは疲れるは、でしたが肉眼で見えない星雲が写っていると嬉しかったです。

michael #xNtCea2Y | URL
2013/12/30 10:37 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/471-efd6b88c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター