FC2ブログ

Michael: Classic音楽,リュート,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

再版盤の音質  

一昨日レビューしたばかりの、カラヤン&BPO(1962年)のベートーヴェン第七ですが、再版のD.G LIMITED EDITION盤が気になって、置いてある店を憶えていたので、まず寄ってみました、予定通り購入v、もう一軒ショップをハシゴしようと思ったら、地下鉄で人身事故があったそうで一時運休、大変な混雑だったので諦めて帰ってきました。

be sym7 カラヤン新

さて盤面を見ると、旧盤とは異なるカッティング、未聴盤らしくきれいな状態、期待して針を乗せてみる、やはり期待どおり、新録音かと思えるほど音の粒子が細かくなったようで、全体にもふくよかなバランスでじつに良いオーケストラ・サウンド。旧盤は骨太でやや粗い、昔ながらのD.Gらしいサウンドで、LIMITED EDITIONシリーズは70年代の向上したカッティング、バランス技術で再版されているようです。

DG新
D.G LIMITED EDITIONシリーズ

ほかに、アルヒーフの名演を再版したシリーズもたぶん全て新たなカッティングで、同様に音質が向上しています。書籍などは初版本に価値が付きますが、LPも折りたたみジャケット時代のものは風格はあります、が中身が向上していれば兼価盤ジャケットでいいですね。

アルヒーフ新
関連記事

category: Low cost audio

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/484-3e46666e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック